スポンサードリンク

誤嚥性肺炎の予防を行う

高齢者の死因がガンから肺炎に変わった理由

高齢者の死因の一位がガンからいつの間にか、肺炎に変わっていました。それは、誤嚥性肺炎といって、飲み込みが上手くできずに食べ物が誤って気管に入り込んだり、口の中の細菌が肺に流れ込んだりして生じる肺炎です。歯磨きする高齢者

誤嚥性肺炎は日常生活で予防する

特に、脳血管障害(脳梗塞、脳内出血)や、パーキンソン症候群、アルツハイマー型認知症の方は、嚥下障害(食べ物を飲み込むための機能が衰えて正常に働かない)があって、肺炎を起こしやすくなっています。

誤嚥性肺炎は、日常生活を行う中でも予防することができます。医療機関で肺炎の予防注射と同時に、身近なところでも予防したいものです。

食べ物に小さくとろみをつける

食べる時にむせやすくなった、薬を飲み込むのに時間がかかるなどを見つけると、直ぐに”誤嚥しては大変”と不安になるものです。といってやみくもに、食べ物を小さく切り過ぎたり、とろみをつけてしまうと、逆に咀嚼機能の低下につながってしまいます。咀嚼しない、つまりはものを良く噛まないければ、脳へに伝わる刺激も少なくなり、認知機能の低下にもなります。

直ぐに食べ物で対応せずに、嚥下体操や食べる時の姿勢などを工夫して、改善を試みます。それでも上手くいかなかったら、やわらか食や、細かく刻んでとろみをつけるなど加工します。

食べる姿勢をチェックする

食べ物を飲み込む際は、全身の反射神経を使っています。背筋を伸ばし、足の指が地面にしっかりと密着していることが大切です。椅子に座った際、のけぞるような姿勢だと、踏ん張りが利きません。椅子が高すぎて足が宙に浮いていても、ダメです。やや前かがみの状態で、足のかかとからつま先まで地面について、つま先は膝よりでない姿勢が良いとされています。

足の筋肉が弱くなると、椅子に座る際に中腰で椅子を引き寄せることができなくなります。無理にやろうとして、転倒の恐れがあるなら、テーブルの前に立たせて、椅子をお尻の下まで持ってきてあげてください。テーブルと真正面に座るのは、言うまでもありません。

車いすの方で巻き爪の方は、誤嚥しているケースが多いそうです。巻き爪は、足の指が床についていないことから起きるので、姿勢の確認を再度チェックする必要があります。

スポンサードリンク
実は寝ている時に、気管支から細菌が入る事が多い

横になると、胃から喉へ食べ物が流れやすくなります。食事の後は、一定時間(2時間)は横にならずに座ってもらい、胃液の逆流を防ぎます。

また口の中の細菌も、横になることで気管支へ流れやすくなるのです。寝る前は、歯ブラシか、嫌がるようならうがいをすすめてみます。

口腔ケアの大切さを理解してもらう

歯周病や食べカスが口の中の雑菌を増やしますので、口腔ケアを促します。歯磨きを嫌がる場合は、特に下記のような対策をします。

  • 総入れ歯の方は、入れ歯安定剤を使用して食べカスが口に残らないようにする
  • 入れ歯洗浄剤や入れ歯洗浄器を使用して、雑菌を減らす
  • 歯磨きが困難な方は、液体歯磨きを使用して口の中をすすぐ
  • 歯磨きの時に、歯ぐきのマッサージも同時に行う
口の体操を行う

食べ物が食道を通って胃へ行かずに、気管支をとおって肺の方に行ってしまうのは、口から喉までの筋肉が衰えているためです。

食べ物を噛んで、舌で適当な量を喉に送り込むと食道へ流れます。肺のある気管支へ、流れることはありません。食道か気管支かに振り分ける弁は、正しい咀嚼(食べ物を噛むこと)正しい飲み込みであれば、タイミングを取れます。呼吸による息は気管支へ、食べ物は食道へ振り分けられます。

食べる動作が衰えを予防します。口の体操を行い、口の周りの筋力を維持し続けさせれば、誤嚥と肺炎予防になります。口の体操は、色々ありますが、取り込みやすい動作は、次のとおりです。

  • 首を前後左右に振ったり、回したりする
  • 舌で左右片方ずつ数秒間、口角に当てる
  • 舌で上下の唇をなめる
  • 口を開けて舌を前方に突き出し、ひっこめる
  • 舌で頬をおし、飴玉をなめているようにする

また、周囲の人と積極的に会話をしたり、『パ』『タ』 『カ』『ラ』と発音することも効果があります。パタカラと口を動かせば、唇や動きをスムーズにさせられます。

最後に

繰り返しになりますが、高齢者の場合、昼間横になるために、寝ている間に口の中の細菌や、胃の中の食べ物が、気管に入り込み肺炎を起こすケースが多いと聞きました。口腔ケアに配慮して、便利なグッズを利用しながら、予防を行っていくと良いかと思います。

スポンサードリンク