治る認知症、特発性正常圧水頭症(iNPH)も進行すれば寝たきりに

歩き方や言動が不自然と感じたら、専門医へ相談

高齢になってくると、色々なところが衰え始めて、病気の原因がつかめないことがあります。一か所だけ悪くなるとも限らないので、複合的な症状が重なって問題は尚更複雑になってくるわけです。医師に相談する高齢者

特発性正常圧水頭症(iNPH)とは?

ただ、一つ言えることは、人間の体は繋がっていますので、どこかが悪いと言うことは体全体のバランスが悪いためで、部位だけにとらわれていると、健康寿命は得られません。

アルツハイマー等の認知症と良く間違われる症状の一つに、特発性正常圧水頭症(iNPH)という病があります。頭の中で脳を浮かべている隋液が溜まり過ぎて、脳を圧迫すると言う病気です。

歩行がよちよち歩きになり、認知症障害も現れます。集中力が無くなり、物忘れや意欲に乏しくなっていきます。頻尿や尿失禁などの症状もあらわれ、ふらつきが激しく転倒も繰り返し始めます。

主な特発性正常圧水頭症(iNPH)の治療方法

特発性正常圧水頭症(iNPH)の場合は、完治する認知症とも言われていて、手術で溜まっていた隋液をチューブを使用して腹部に流す治療を行います。

スポンサードリンク

最初にCTやMRIで、iNPHの可能性を判断した後、髄液を30ml抜いて症状が良くなるかどうかを見ていきます。「髄液タップテスト」と呼ばれています。改善があるようだと、本格的な手術を行うわけです。

手術は、約1~2時間ほどで、入院期間は約7~10日となります。保険適応で治療が可能です。

早期発見が完治の条件

この病気は、原因は分かってはいませんが、頭に水が溜まる病気と言われています。別名「お年寄りの水頭症」とも言われていて、高齢者の病気です。

年齢のために機能が衰えたのだとそのままにしておくと、進行して寝たきりになってしまいます。医療現場での診断も難しいので、家庭内で判断することは難しいのです。もしやと気づきがあったら、専門医に相談するべきです。

診療科目は脳神経外科ですが、先ずは主治医に相談して該当する病院を紹介してもらうのが、より正確な判断を得られるし、病院探しに苦労することもありません。

特発性正常圧水頭症(iNPH)はガイドラインが設けられているものの、医療現場でもバラツキがみられ、手術の方法もいくつかありますので、専門医と良く相談をなさってください。

スポンサードリンク