スポンサードリンク

ポータブルトイレのマットは洗濯可能が最重要課題よ

洗濯ができてなおかつ滑らないマット

最近のポータブルトイレは、年々改良が重ねられてきました。単価が高いから、企業側の努力も必死なのでしょう。我が家のポータブルトイレも、簡単に分解できて掃除がしやすいのですが、最近では、水洗や温水洗浄付きのものも出ています。さらに、洗わなくてよいように汚物を固めて、捨てるタイプもあるのです。

しかし、ポータブルトイレの下にひくマットだけは、全く進化していません。単価が安いから、企業努力もイマイチ。フランスベッドがトイレを持ってきたときに一緒に購入した、『ケアカバー消臭防水マット』は合格。ケアカバー・消臭防水マットのパンフ

ここ数年間、インターネットや近所の家具・寝具店で探しましたが、先のケアカバー以上のものはありません。ほとんど構造は同じで使い物になりません。

難点はマットがずれないように下側を硬くして、表側はカットされた起毛やループタイプにしていることです。

在宅介護は、マットを毎朝洗濯、時にはお昼も洗濯するようになっていきます。そのまま放置すれば、介護者の靴下を汚すし匂いも発生してしまいます。硬いマットだと、手洗いするときは、曲げられないので大きな桶が必要です。表側が起毛やループだと、汚れが浸み込んで落ちません。大きさも横幅が長いものが多いけど、横幅より縦長であることが必要なのです。

色々失敗した結果、最初の使い込んだマットがやっぱり良いと判断します。マットのタグに書かれた、薄い商品名を読み同じものを購入することになったのです。
ケアメディックスの『ケアカバー・消臭防水マット』について書きます。

ケアカバー・消臭防水マット

ケアメディックスの『ケアカバー・消臭防水マット』は、滑りにくいこと、防水、洗濯機で洗濯しやすいこと、速乾性なことが特徴です。

大きさは80cm×100㎝でポータルトイレの横幅に収まります。トイレの後ろ側にあわせて敷くと、前側に広いスペースが開いて、人が立ってズボンを下ろすのを十分カバーします。ケアカバー・消臭防水マットのタグ

裏側が、滑りにくい小さい凹凸があるビニールで、ベッドの上から足を置くとき動くことがないようになっています。滑りにくい素材に、裏側にゴムを縦引きさせているタイプもありますが、やはり硬くてやめた方が良いと思います。

表地は、木綿のような肌触りで、冬のはだしでもヒンヤリしないようになっています。下の写真、ラインより下側が表側の布、上側が裏側の布。ケアカバー・消臭防水マットの表面

スポンサードリンク

何といっても、手で握れるほどのしなやかでもみ洗いが可能、洗濯機に入れてもスムーズにマットが回転します。硬いマットだと、脱水までマットが同じ向きのままで、均一に汚れがとれません。硬いマットを手洗いする場合も、マットが折れ曲がらずもみ洗いができないし、ブラシを使うにしても、ブラシで起毛やループの糸を傷めてしまいました。ケアカバー・消臭防水マット

毎日マットを洗濯するようになると、お天気の都合で乾かないこともあります。洗い替えに3枚用意していましたが、それでも、バスタオルをポータルトイレの下に敷いて、間に合わせたこともあります。バスタオルは、足を置くと寄れるので転倒の原因です。速乾性は洗濯可能であることの次に重要です。

このマットは、曇りの日でも朝干せば、夕方には乾いていました。他の硬いマットでは不可能でした。

ところでポータルトイレを使っているなら、汚す心配がない方でもマットは敷いておくべきです。高齢者の体調はいつも良いわけではないので、万が一の際、役に立ちます。

私がこのマットを購入したお店はこちらです。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[4958519321061] ケアカバー消臭防水マット ベージュ 1061 4958519321061
価格:3104円(税込、送料別) (2019/12/29時点)

  

楽天で購入

スポンサードリンク