広告 

生活習慣病予防に、コラーゲンペプチドという新たな選択肢

女性の美容クリームやサプリで耳慣れたコラーゲンに、健康効果があることがわかってきています。コラーゲンが1番多くあるのは皮膚ですが、骨や軟骨、血管、内臓などにも存在して、人間の体で大切な働きをしているのです。

コラーゲンは、細胞の間に入り込み、細胞を守る働きをしていますので、血管や歯茎なども例外ではありません。 牛と豚

コラーゲンペプチドを摂取することで明らかになった実験結果

コラーゲンは、アミノ酸がらせん状に、結合して作られているものです。コラーゲンを食べれば、アミノ酸にまで分解されて、再びコラーゲンになるとは限らないといわれていました。

しかし研究が進み、コラーゲンをつくるアミノ酸の一部が、結合した状態のままで、血中へ溶け込むことがわかりました。アミノ酸がいくつか結合されているものの、コラーゲンではない物質を、ペプチドと呼んでいます。ペプチドは、体の隅々まで運ばれて、長くその状態を保つことができることがわかりました。

ペプチドの中で、プロリン-ヒドロキシプロリン(P-O)と、ヒドロキシプロリン-グリシン(O-G)が、体内で古くなったコラーゲンを壊し、コラーゲンの作り替えを促します。

この2つのペプチドのことを、コラーゲンペプチドと呼び、新田バイオなどで販売されています。

コラーゲンペプチドには、血糖値の上昇を抑制させる、糖尿病を予防する、歯周病を予防することが、注目されているのです。(下記4項目は、ニッタバイオが情報元です。)

血糖値を抑制する

ニッタバイオと摂南大学による共同研究において、高血糖なマウスに対して、コラーゲンペプチドを摂取させて検証したところ、食後の血糖値の上昇を抑制することが明らかになりました。

血糖値の上昇抑制は、次のメカニズムによるものです。

  1. 腸での糖の吸収を抑制する作用
  2. インシュリンの分泌を促進するホルモンGLP-1を分解する酵素DPP-4を、妨げる作用
  3. GLP-1の分泌自体を促進する作用

これらのことから、コラーゲンペプチド摂取は、2型糖尿病での血糖値上昇を抑制することが示唆されました。(Journal of Medicinal Food,2016に論文掲載)

糖尿病を予防する

21歳~51歳までの糖尿病患者において、ヒトによる試験を実施し、コラーゲンペプチドを1日10g、12週間摂取することで、空腹血糖値やHbA1C(糖化の指標)、インスリン抵抗性を示すHOMA-IR値が改善されることを実証しました。

これらのことから、糖尿病患者の血糖値管理において薬剤との併用によるコラーゲンペプチドの有用性が示唆されました。第10回日本アミノ酸学会 2016年9月13日 「2型糖尿病患者を対象としたコラーゲンペプチドによる 血糖値管理を目的とした臨床試験」新田ゼラチン発表

スポンサードリンク 
歯周病を予防する

マウス実験で、コラーゲンペプチドを3週間与え続けたところ、歯の土台となる歯槽骨を含むあごの骨を、保護する作用が認められました。このことから、歯茎が強くなり、歯周病を予防することが期待できます。

高血圧の改善

コラーゲンは血管の一部でもありますが、コラーゲンペプチドを摂取することで、コラーゲンの作り替えを促し、しなやかな血管への期待があります。

また、コラーゲンペプチドには、ごまペプチド、大豆ペプチドなども含まれる、血管が収縮させるホルモンの働きを妨げる作用があることもわかっています。

これら2つのことが、高血圧の改善にもなるのでは、といわれているのです。

認知症を発症しやすい生活習慣病予防が明らかになってきている

新聞、雑誌、テレビで、『認知症』という文字を見ない日がないくらい、次々に情報に触れています。

認知症予防には、週2回の有酸素運動を行うとか、1日20分程度の昼寝が良いとか、高血圧にならないように肥満を解消するとか、歯周病を予防して良くかむことが良いといった具合です。

また、糖尿病がある人は、アルツハイマーや血管性認知症のリスクが、2~4倍上昇します。歯周病とて、歯から発生した歯周病菌が炎症を引き起こし、歯茎の中に入り、さらには血管に入り込んで全身に巡ることがわかってきました。歯周病菌によって、脳梗塞、肝炎、ガン、心筋梗塞、関節リウマチ、認知症などを引き起こしているといわれています。

今回は、認知症に関係している生活習慣病が、コラーゲンペプチドで解消させることが複数あると、紹介しました。

コラーゲンは、肉や魚を煮た後の煮こごりや、牛すじ、モツ、レバー、フカヒレなどに多く含まれます。通常家庭の食卓に上がりにくい食材が多いことから、コラーゲンサプリを購入する方が多いことも事実です。

また、コラーゲンは動物性なので、飼育環境などがしっかりしているところを選びたいですね。今、市場にあるのは、豚由来と牛由来のモノです。

古くからコラーゲンの取扱がある、新田バイオでは コラゲネイドはじめてセットコラゲネイドお試しも販売しています。保存カップと計量スプーンがもらえます。 コラゲネイド

私も購入してみましたが、すぐには効果はわかりませんでした。調理している時に、混ぜると味にコクがでるというのが、利点といえば利点です。認知症予防だけでなく、骨や関節にも働きますので、とり続けても損ではありませんよ。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

脳血管障害はカルシウム不足が原因となることもある
カルシウムと脳出血の関係が発表された 厚生労働省研究班の調査結果によると、乳製品に含まれるカルシウム... 記事はこちら

サバの塩焼き 脳を活性化させる成分と脳に良い食べ物
食べ物で認知症予防 今回は食べ物をテーマにしましたが、運動や睡眠、規則正しい生活も、脳活性化には大切... 記事はこちら

認知症予防の食べ物にギャバ(GABA)の存在は捨てがたい
認知症の神経伝達物質には、ギャバが少ない 脳の中の神経伝達物質に視点を当てた、認知症予防の食べ物につ... 記事はこちら

活性酸素でアルツハイマー病になるのが心配性なら、リンゴ
人間の体を守る活性酸素は、体内で増えすぎると害を及ぼす 紫外線を浴びたり、ストレスを溜めたりすると、... 記事はこちら

発芽玄米ご飯 脳梗塞予防や認知症予防によい発芽玄米ご飯を、日常の食卓に!
専用の炊飯器は、発芽後にご飯を炊いてくれる 食文化は、常に時代背景を反映し、戦後欧米化の食材が輸入さ... 記事はこちら