サ高住(サービス付高齢者住宅)と、有料介護老人ホームとの違い

ADL(日常生活動作)が自立度を加味して、サポート体制を検討

サ高住(サービス付高齢者住宅)は、住宅型有料老人ホームとも言われ、月々の家賃を支払って住む住宅のことをいいます。

有料介護老人ホームとの大きな違いは、介護保険サービスを受けていなくても、60歳以上であれば入居が可能な事です。デイサービスや提携先の医療や介護のサービスの利用も可能なところがあります。住宅型であるため、有料介護老人ホームよりも、居住面積が広く住宅設備も充実していることも大きな特徴です。(詳細は一覧で比較)

通常の賃貸住宅と異なり運営業者側には、日中に看護師や介護福祉士、ホームヘルパー2級などの資格を持つスタッフが常駐し、生活支援サービスを行うことが義務付けられています。
バリアフリー

介護施設のサービスは年々、変化している

介護施設のサービスは、次々と付加価値が加わっていき、有料介護老人ホームであっても、サ高住であっても限定できないものあります。

一般に、有料介護老人ホームへ入居する場合は、生活支援全般に渡って生き届いたサービスを求める方となり、サ高住は将来に不安があるものの自立した生活を行いたい方が入居する傾向にあります。

ただ、特別養護老人ホームの入居を希望していたけど、待機待ち人数が多くて諦めた方がサ高住に変更するパターンもあります。
サ高住は、一般の有料介護老人ホームより価格を抑えることができる傾向になるためです。

自立状態が不安な親を見て、一概に安いからとサ高住に決める前に、他の施設との違いや、施設ごとに異なるサービスを充分チェックした後に決めるのが良いようです。
下記の表に、一般的に言われている有料介護老人ホームとの違いを、まとめてみました。

有料介護老人ホームとの違い

下記の表に書いてあっても、必ずしも全ての施設にあてはまるわけではありません。
介護サービスはニーズに合わせて、日々変わっていますし、個々の入居施設によってまちまちです。入居の際は必ず施設と確認をとることをおすすめします。

スポンサードリンク
  有料介護老人ホーム サ高住(サービス付高齢者住宅)
居住権 利用権契約なので、施設の都合で部屋の移動有 借家権が保障されるので借主に部屋移動させられることはない
強制退去 徘徊を伴う重度な認知症や健康上のやむを得ない場合は、有 健康状態を理由とした強制退去は禁止
入居一時金 有(償却期間内の退去の場合は、期間に応じて返却金有)
プライバシー 見守り重視のため門限や外出届けの管理体制あり プライバシー重視で自由に出入り可能
外部の介護サービス利用 介護保険の限度額を全てをホーム内で介護に利用する事が介護保険法上で定められているので、介護保険を使って外部のディサービス利用は不可能 介護サービスは、ケアマネージャと相談の上、選択可能
医療体制 協力医療機関以外の医療機関の利用も可能だが、訪問医療と薬局での薬の調合、服薬管理が連携しているケースが多く、高齢者のメリットは大 医療機関と併設している場合もあるが、他の医療機関を選択することも可能。訪問医療や、通院介護、薬局で薬をもらったり、毎日の服薬管理などのサービスは、ケアマネジャーにケアプランを作成してもらい、サービスを受ける
部屋の広さ 単身中心で夫婦世帯用の部屋は少ない 夫婦世帯でも単身でも可能
個室の収納設備
個室トイレ有
個室にキッチン 無い場合が多い
共同風呂或いは個室風呂 共同風呂 個室風呂
認知症入居条件 重症な認知症以外は可能 軽度の認知症なら可能

認知症の親を入居させるとしたら

上記の一覧表を見てもらうと分かりますが、サ高住(サービス付高齢者住宅)の方が自由度が高く、権利も守られているように思えます。
こうした背景には、ADL(日常生活動作)がしっかりしていること、自分の健康管理は自己責任で守ると言う暗黙の了解があるからです。

毎日、両親の状態を見守ることができる人も少ない中、気がついたら、薬を飲まなくなっていた、食生活はめちゃくちゃな状態になっていたといったこともあり得ます。
生活支援の全般を責任を持って見守ってくれる施設の方が、結果的にはお得だったと言うことになるかもしれません。

サ高住は、基本的には健康上を理由に退去はないとありますが、入居の段階で認知症は軽度な方とされている所が多いのです。
個室にキッチンや浴室があったばかりに、火事をおこした、思わぬ事故を引き起こして怪我をしてしまったなんてこともあります。

若い自分が利用するのではなく、年々体の機能が衰えていく高齢者が利用するのです。
サ高住を利用する場合、外部の介護サービスで十分まかなえるかどうか、不安な部分は家族で通い補うことができるがどうか等を、充分検討して選択を行うべきだと思います。

スポンサードリンク