広告 

暖房の部屋にこもりっきりの高齢者は、冬こそ水を飲むこと

認知症の徘徊原因として、多い要因のひとつに便秘があります。
周辺症状もこれにならって、便秘であることが介護現場では承知しているようです。
コタツに入っているおばあちゃん

高齢者の便秘の理由

高齢者の便秘の原因は、年齢による内臓機能の低下と運動不足による筋力低下、水分不足が便秘になる原因です。

内臓機能の低下は、毎日飲む薬で調整していますが、特に問題なのは、水分不足でしょう。
毎日母を見ていて感じることは、お年寄りはお茶を飲まない、特に都市部のお年寄りはその傾向があるように思います。

加齢とともに口渇中枢の感受性が低下して、喉が渇いたと感じにくくなる事と、さらさらのお水は喉を通しにくいために、『飲みたくない、飲まない』となるのでしょう。

ヨーグルトやみかん、ゼリーといったものを常備しておくと、それらの物と一緒にお茶を飲みますが、わざわざお茶だけを飲むと言ったことはありません。

食事の時にお茶を飲むからいいと言われますが、お年寄りの体に、一度に体内に水を入れると、腎臓に負担がかかります。体内の老廃物を処理しきれなくなるのです。
少しづつ、定期的に水分補給を心がけていくことが大切となります。

冬は特に体が乾く

さらに、問題なのは冬の脱水症状です。
高齢者にとって寒さは禁物。というより、我慢できないのでどうしても、暖房器具を使用します。最近の暖房は、昔のやかんを置くタイプと違い、空気を温めて室内に循環させるタイプのものなので、どうしても室内は乾燥しがちになります。

夏は汗をかき、水分不足を体感できるので、嫌嫌ながらでも水分をとっていたけど、冬は飲む意識が薄れます。かくれ脱水と言われ、とっても問題なのです。

乾燥した空気は、皮膚の水分を奪い、カサカサ感やかゆみを発生させるばかりでなく、体の中の水分も減少させます。
乾燥しがちな皮膚に潤いを与えようと、ただでさえ少ない体内の水分を、方々からかき集めて対処しようとします。
苦しい家計、父ちゃんのこずかいを減らして食費に当てるのと似ています。

スポンサードリンク 

つい最近、母が原因不明の高熱を出し、その後酷い便秘で苦しんだために、もしかしたら隠れ脱水かもと考えるのです。

一人の人間に必要な水の量とは

人の体に栄養を運ぶのも、不要な物質を排出させるのも、水の流れを利用して移動させています。
皮膚が外部の刺激を守っているのは、水分をたっぷり含んだ皮膚ですし、歩く時に使用する関節とて、水分を含んだ弾力成分なくして関節は動きません。

生命を維持に欠かせない呼吸をする時には息の水と、体温調節を行う汗の水とを、『不感蒸泄』といって、約1リットル出しています。
排泄物である尿や便の水は、体格によって幾分異なりますが、約1.5リットルです。

排出する量がもし減るならば、体の営みに影響が出ます。
不要物を洗い流すべき水が足りなければ、体内に不要物が溜まる一方です。
便とて硬くなり便秘になるのです。
水

その量を以下のとおり、医師に支持されました。悲しいかな、我が母は相変わらず、どこ吹く風で聞き流しております。

  • 寝る前にコップ1杯
  • 目覚めにコップ1杯
  • 入浴前にコップ1杯
  • 入浴後にコップ1杯

生命を維持するために必要な水分を確保して、排出するということは、大切なことなのです。

脱水症状の緊急処置と日常の水分補給を

腎臓などの疾患を持ち、医者に要注意の指示が出ていないならば、水分補給のための工夫を家族は行うべきです。
高齢者の脱水症状が、脳梗塞や心筋梗塞を招くでも記載しましたが、水分不足は大きな病気にも繋がります。

高齢者は、水分を飲みたがらないものです。
脱水症状を起こしやすいものであると考えていいんじゃないでしょうか?脱水状態になった時の応急処置を知っておくことも必要だと考えています。

おススメなのは、経口補水液です。
経口補水液は、点滴と同じ成分で作られていて、医師の判断を仰ぐことが必要であるものの、普通にドラックストアで売られています。

異変を感じた時に、直ぐに対応できるように、自宅に常備しておくと、便秘や発熱時に直ぐに飲むことができて、隠れ脱水の対策になるからです。

また、脱水症状を起こす前に、日常の水分補給をいつも心掛けておくことは、既に書いた通りですが、 飲みやすいゼリー状のお水を利用されても良いですよ。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

水 高齢者が必要水分量を自覚するには、体内の水の働きを知ること
水分不足がボケを招き、発熱、最悪の事態に 今年の夏、母は2回発熱しボォーッとしていました。 無口... 記事はこちら

熱中症で認知症の症状を重くする可能性もあり、水分補給の工夫を
高齢者は喉の渇きを感じにくいことが、症状を悪化させる 先日環境省のホームページに、熱中症患者のおよそ... 記事はこちら

これが高齢者の飲むゼリー?ビー玉みたいなゼリーが口の中を転げる
お年寄りがお茶を飲まないのは、楽しくないからよ 認知症を治す第一課題に水分摂取を上げられるほど、大切... 記事はこちら

コップに水 『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』を読んだ
医師と思えないくらい、介護現場の肌感覚を知っている 竹内孝仁医師の『水をたくさん飲めば、ボケは寄り... 記事はこちら

水を飲むおじいちゃん 高齢者の脱水症状が、脳梗塞や心筋梗塞を招く
どうして飲まないのかあれこれと考察 体の中に水分を蓄える力が、年齢とともに弱くなっていきます。高齢者... 記事はこちら