スポンサードリンク

認知症保険は認知症と診断後に一時金が支払われる

認知症と診断が保険の支払い条件となる

太陽生命保険が認知症を診断された方に、一時金を支払う保険を3月に発売します。認知症にかかる経費は、医療施設や介護等の認知症治療だけでも多方面に渡り、こうした一金支払いはありがたいはずです。認知症保険の必要性について記述後、各々の生命会社の保険内容についてまとめてみました。保険申込書とお金

認知症保険の必要性とは?

認知症保険の必要性は何でしょうか?

若年性認知症であれば、自らの生活を支えることができなくなります。もし、一家の大黒柱で住宅ローンを抱えていたら、ローンの返済見込みも薄くなります。

暴力や徘徊などを伴う深刻な認知症であれば、他人への危害や物品の破損による損害賠償も発生します。JRの人身事故で、JR側から電車遅延によるの遺族への損害賠償請求裁判は、介護現場に衝撃を与えています。

今後は認知症の高齢者も増え続けて、介護サービスの縮小は確実です。厚生労働省の発表によれば、平成24年の認知症高齢者は約462人で、平成37年には700万人を想定しています。おおよそ65歳以上の5人に1人は、認知症である確率です。今まで介護保険でその一部を補助されていたサービスが、自己負担額がじりじりと増えていきます。

先日の介護サービスの見直しでも、要介護1と要介護2の訪問介護で、掃除や買い物が介護保険の対象外となりました。我が母のケアマネジャーは、大層当惑して『困る人、沢山出るよ』と、深刻だと告げます。

また、認知症は、軽度時から手厚い介護を受けることで、その進行度合いを食い止めることが可能であるされています。それとは裏腹に、軽度認知症に対しての公的介護保険のサービスが、今現在でも充分ではありません。今後、減少傾向になれば、個人個人で対応をせざるを得ない状況になるに違いありません。

民間の生命保険の介護保障の現状調査

従来の生命保険は、『高度障害状態』を担った場合保険金が支払われて、認知症にターゲットは絞られていません。『高度障害状態』の定義は下記に記述しましたが、認知症の症状とは異なります。

スポンサードリンク

その為、一家の大黒柱が認知症になれば現職を失う事例は多く、収入減は免れられません。生命保険の特約を探しても、収入の代替わりがありません。

しかし、各保険会社で、徐々に保険内容の見直しされています。医師の問診

生命保険の高度障害状態の定義

生命保険の『高度障害状態』の定義は、以下のとおり。

  • 視力:両眼失明
  • 言語:言語、又は、租借機能を永久に失った場合
  • 介護:中枢神経系・精神または、胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護が必要な場合
住宅ローン残高の相殺

太陽生命保険、秋田銀行、オリックス銀行、新生銀行では、認知症を含め、所定の要介護状態になった場合、住宅ローン残高が相殺される保険を取り扱っています。

契約に応じた年齢まで年金が支払われる

三井住友海上あいおい生命保険、日本生命保険、太陽生命保険では、認知症や介護を要する状態が180日以上続いた場合、年金の支払いが行われる保険を取り扱っています。但し、終身で無いために、今後の拡張が期待されます。

朝日生命保険では、①器質性に認知症と診断確定、厚生労働省の「認知症高齢者の日常生活自立度判定基準」に沿って日常生活に支障をきたす症状や行動などがあり、介護や専門医療が必要と判定。②公的介護保険制度の要介護1以上に認定。①と②の2つを満たした場合、年金か一時金を支払います。また、介護サービスを利用する場合、公的介護保険制度の利用限度額を超えて、自己負担が発生する場合の自己負担分をカバーするようなプランもあるそうです。

電車を止めてしまった場合の損害賠償

三井住友海上あいおい生命保険、日本生命保険は、徘徊で誤って線路に立ち入るなどして電車を止めてしまい、多額の損害賠償請求された事例に対応した特約を開発しました。「財物損壊を伴わない、電車の運行不能などによる損害賠償責任」を、カバーする特約を販売しています。

(※保険の特約やプランは、時間と共に見直されている場合があります。正確な情報は、必ず保険会社のホームページや担当者に確認をお願いします。)

スポンサードリンク