広告 

認知症に園芸療法はいかが?

園芸が好きだった母ですが、何かしたいけれど、どうやってやったらよいのか分からなくなったようで、庭に出ては草むしりばかりしていました。
花束を持つ母

かつて庭で過ごした時のこと、忘れたの?

“草むしりが好きなのかな?”って思いましたが、キュウリとトマトを育て始めて俄然変わりました。
むくむくとキュウリの実が大きくなり、トマトが色付き始めると、やる気どんどん出てきたようです。

手入の生き届いていないイチジクの木を剪定し、植木鉢も心なしか整理されてきました。
そうなってくると、どうでしょう。
めっきり草に興味が無くなります。 今年の夏は、私が草むしりをするはめになりそうだわ。

かつて過ごした庭で、何をしていたのか忘れてしまったのか、するべき方法が分からなかったようです。

きっかけは通販の苗木セット

実は、今年、ベルメゾンという通販サイトで、キュウリとトマトの栽培セットを購入したことからです。
種から植えて、苗を間引きする段になると、”要らなくなった苗はここに植えて”と、母は植木鉢を持ってきます。

キュウリの実をみて俄然やる気が出た

おやおやと思いましたが、実がなり始めると、ふと思い出してなすの苗を植えると言いだしました。
病院通いの帰りに、花屋さんでなすの苗を購入して植えます。

昨年まで、実になる数が少なかった、いちじくも今年は豊作です。
私の部屋の前に立ち止まり、母が”お母さんは、いちじく見てくる”と声をかけます。3日に1度は、聞きました。

スポンサードリンク 

しばらくすると、花の苗も購入したくなり、病院帰りに購入します。
段々、面白くなってきたようで、庭中の木の枝を植木鉢に、押し木をしはじめました。
花を抱えるおばあちゃん

家じゅうの植木鉢に支柱が立った

キュウリのツルが伸び、支柱を立てていましたが、木の押し木にも支柱がたっています。
家じゅうの植木鉢には、全て支柱が立ちました。
そんな必要が無い、植木ばかりにです。

やややぁーあー出た―。
判断障害!(医学的にこう言う言葉はありませんが、私が勝手につけています。)

車道の区別がつかない事が判明

デイケアの行き帰りのバスの中で、道の脇に葵の赤い花が咲いていたそうです。

近所だからと言い張り、私が作った地図のファイル(裏側には家の電話と、私の携帯電話が記載されている)を持って、葵の花をとりに行きました。

母は帰るなり子供に、『おばちゃん、そこは車が通るところだから危ない』と言われたと言います。
多分車道に座りこんで、植木を抜いていたようです。

後から聞いてみると、行ったところは高速道路の橋げたの下で、車が通っていたら、かなりのスピードで走っているところです。
ヒヤリ!
見も知らずの子供に、手を合わせます。

デターーー、またしても判断障害!

交通事故に遭ったら、母だけの問題でなく、ひいた方にも迷惑がかかるとガミガミ言うと、しばらく口を聞いてくれなくなりました。

家の庭は、何だかおかしなことになっていますが、母自身は楽しいようです。
それにしても、交通事故には気をつけなくちゃ、いけません。反省。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

音楽の鍵盤 認知症の記憶が音楽療法で取り戻した、ドキュメンタリー映画
認知症を治療するではなく、療法によって回復させる 認知症の記憶を、自分の思い入れのある音楽によって取... 記事はこちら

アンティーク時計 言葉にできない不快な感情が、周辺症状(bpsd)として現れる
周辺症状(BPSD)を取り巻く環境から予防する 周辺症状(bpsd)という言葉は、医師が、主催する認... 記事はこちら

施設内で話をする高齢者 認知機能の回復と改善は、五感を刺激しつづける生活が大切
施設を高齢者同士の交流の場に利用する 高齢者が間違った事を言うと、認知症と勘違いされやすいのですが、... 記事はこちら

BPSDにならない努力と薬物療法に頼らない努力を
非薬物療法で認知症の方も家族も楽に 認知症の症状の中にBPSD(周辺症状)といわれるものがあります。... 記事はこちら

猫のぬいぐるみ コミュニケーションロボットが高齢者に必要な理由って何?
多くの高齢者が抵抗なく使えるロボットの開発を望む メンタルコミュニケーションロボットを、半信半疑で... 記事はこちら