広告 

要介護度のランクは、2年に1度見直される

要介護度のランクは、容体が安定していれば2年に1度の更新を行います。

要介護認定期間の改正(加筆)
2016年9月に2年から3年に改正案が提出され、平成30年より実施。

介護保険の要介護ランクは、有効期間が決められていて、期間最終月に再審査の手続きをしなくてはなりません。

既に介護保険を利用している方は、担当のケアマネージャがついていますので、ついうっかり忘れてしまっても、ケアマネージャの方から連絡が来るシステムになっています。
手続きもほとんど、ケアマネージャが行ってくれますので、市からの調査員との面談日時の調整と、面談日に立ち会えばよいだけとなります。

私の母の場合は新規で申請した後、6カ月後に再審査、その後2年間の期間を貰っていました。今回で3回目の審査になります。
調査員と高齢者

母は見た目は、しっかり

私の母は取りつくろうのがうまい上に、ものすごいおしゃべりです。

ココだけの話、会話のネタはTVをはじめ、窓から見えた風景と何でも、そして同じ話を何回も、2年前に起こった事象であっても、あたかも昨日ののことのように話します、
いえ、時間の概念がないようで、母の場合は、昨日あったことなのかもしれません。

それはもう。
延々と、、、娘の私が切れるまで、話を続けるのです。

こんな状態のおばあちゃんはいないって、しかも認知症なんかであろうはずはないと思っていましたら、先日病院で母と同じおばあちゃんを見ました。
ずっと、娘に向かって話しているのです。
トイレの個室に入って、娘に介助してもらっていながらも、話を続けています。
切れ目なく、です。

うぇ~、私の母もいずれはああなるのねぇ~。

でも、医師によると、『なかなか出来るな!』と思われるポイントなのだそうです。
主治医を1年前に変更したために、今回の介護認定の更新で、所見を書いてもらうのは初めてとなります。

月1度の診察だけでは、やはり認知の有無を正確に確認することができないのが事実です。

私も、『出来るな』と思われていると考え、申請の6カ月前に母のおかしな行動をメモして、主治医に渡してありました。
何十年も付き合いのあった前の医師なら、母のかなりへんてこなところを知っていたのですが、まぁ、やむをえません。
その医師は、小児科なのでいい加減頼り過ぎても、きっと迷惑だって思う訳です。(いったい何で、母は小児科に血圧の薬を貰っていたのでしょう?)

スポンサードリンク 
認定結果は、なんと2ランクも下がった!

という訳で審査当日の調査員は、かなり厳しかったです。
母の行動を説明しても、ひとつひとつ正常である方に矛先を向けようとします。
『それは、本当にそうだったんじゃないの?』といった具合です。

そして認定結果は、要介護3から要介護1。
がび~~ん。

これは、良かったと喜ぶべきなのでしょうが、不安が伴います。

認知症の研究が進んで、進行を遅らせたり、日常生活ができるレベル(ADL)を上げることができるようになりました。
生活の質(QOL)でさえ、高めることができ、文化的な生活も可能になると思っています。

でも、それは、絶えず見守りの中で、おかしな行動を正し続けたり、何度も同じ指摘をし続けた、訓練のたまものなのだって、介護していて思うのです。
訓練をやめてしまえば、筋肉が落ちるように、ADLも低下していくはずです。

ディケアに出かけた日は、シャッキとしているけど、ない日はドンヨリしているのが実情です。
ディケアがなければ、今はしっかりしているように見えても、またきっと元に戻ってしまう予感がします。多分これは、あたりです。

国の予算のこと考えると良かったのかも

もう一つの大事なことがあります。

それは、国の介護予算です。
まさに高齢化社会、国の財政を圧迫し続ける介護予算を、どうするかは、頭を悩ますところとなりました。

介護者にとっては、介護度はそう問題ではありません。
介護保険で賄うべきサービスさえ受けることができれば、よいのです。

介護ランクが重くなれば、ひとつひとつのサービス毎に加算される点数は増えます。
介護サービスを受けられる限度額も、大きくなります。
介護度ランクが高いほど、多くの費用がかかるのは現実です。

必要と考えるサービスを受けられるギリギリの介護ランクにすれば、介護予算を節約することが可能となります。

ただ、もうひとつサービスを、提供する介護事業者の負担も考慮してください。

ADLが高いからといっても、徘徊などのBPSD(周辺症状)がある方には、評価基準にとらわれずに、介護ランクを上げるべきです。
人件費用がかかり、介護業者が困るからです。
介護事業者が困ると、一緒にケアをしてもらっている高齢者も、優しくしてもらえなくなりそうです。

介護者も介護事業者も国も円満になれるような、介護認定であってほしいと思いますよね。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

時計 介護認定 有効期間は、適応されている介護区分ごとに異なる
最初の介護認定から、ほっと一息ついた頃に再認定審査がきた 脳梗塞で緊急入院から、リハビリ病院への転院... 記事はこちら

廊下の手すり 介護福祉用具の利用は、高齢者の自立支援に役立つか否かを基準に
介護保険で使用できる福祉用具は、国で認定されたもののみ 要介護認定がつき、居宅介護支援事業者を決める... 記事はこちら

階段の手すりをつけているところ 区役所に介護保険の要介護・要支援認定申請に行く
病院だけに任せないで、家族が動く 脳梗塞などで倒れた後は、リハビリで日常生活ができるようにします。... 記事はこちら

リビング 退院後に、ケアマネージャーとデイケア担当者で今後の事を打合せ
デイケアの費用や活動内容を初めて知る リハビリ病院を退院した2日後に、居宅サービス事業のケアマネージ... 記事はこちら

本とコーヒー 居宅介護事業所とケアマネージャーを、何もわからないまま決める
最初に介護環境を整えれば後が楽 介護保険の申請を区役所にしてから、調査員が来たのは2週間後、認定結果... 記事はこちら