スポンサードリンク

排せつケア一体どこで困っている

排せつのプロセスから見る排せつの困った

本人の自尊心を傷つけまいと気遣う介護現場では、排せつケアについて多く語られることがありません。私は9年近く自宅介護しましたが、ケアマネージャに排せつケアについて相談は、5回もしていません。相談すれば介護士の経験もある方、クリアな回答がもらえます。当ブログにも、もっともらしく書かれている箇所がありますが、担当のケアマネージャの知恵も借りているのです。こちらにトイレ掃除について色々と。。。介護用トイレ

排せつケアといえば、介護士が車いすでトイレに連れていく光景が直ぐに思いつきます。しかし、これは一部分であり、もっと多くの困った実情があるのです。

困っているところを探せ

最近、西村かおるさんの『パンツは一生の友だち 排せつケアナース実践録』を読んで、介護をする際、排せつのどこで困っているのか知らなければ、介護はできないと感じました。ユニ・チャームなどがメディアで、排せつケアについて伝えていますが、まだまだ情報は少ないと感じます。

在宅介護ではほぼ一人の知恵で、施設においても時間に追われながら、日々悪戦苦闘の毎日。個人によって困ったが違うためにその都度観察して、それとなく改善策を講じます。これは「経験と知恵が必要な専門職だよ」と言わざるを得ません。

対策が逆に、高齢者を苦しめる結果になることも間々あります。実は深夜母を起こして、トイレ誘導をしたことがあります。毎日行って失敗をしてしまう時間を割り出し、その時間に「ドンピシャリ」誘導した日の朝、2セットのズボンとパジャマが洗濯籠に入れられていました。「いったい、これは何?????」

『パンツは一生の友だち』の中で、排せつのプロセスについて書かれています。私が少し手を加えていますが、この中のいずれかが、或いはいくつかが困った状況を引き起こします。そして、どの項目も奥深く、簡単に解決できません。よく目にする車いすの光景は、トイレまでの移動が難しい方のパターンです。

  1. 尿意を感じる
  2. 便意を感じる
  3. トイレの場所がわかる
  4. 尿器や便器の使い方がわかる(蓋を開ける、便器にまっすぐに座るなど)
  5. 起き上がれる
  6. 移動ができる
  7. ズボン・スカートを降ろしたり、まくったりできる
  8. 排せつ物がかからないように、下着を降ろす(間に合わない人も)
  9. 排尿をりきんでできる
  10. 排便をりきんでできる
  11. 後始末ができる【●紙を切って肛門、尿道口を拭く ●水を流す ●手を洗う】

9番と10番の”尿と便をりきんでできる”は、脊髄損傷を起こした場合、排せつコントロールができなくなります。尿はその都度、カテーテルを尿管に差し込み排出させなければならないそうです。また、9番の高齢者特有の排尿障害は、【ためておくことができなくなる畜尿障害】と、出すことができなくなる【排出障害】があります。こちらは医療行為が絡みますので、今回は割愛します。

上述のプロセスの中で、改善策やグッズを紹介してみます。排せつケアの頼みの綱である、おむつのトラブルについて、その後に記述。

尿意を感じる

認知機能が低下すると尿意を感じない、分からなくなることがあります。介護者がトイレ誘導を促すのが定説ですが、尿の溜まり具合を調べるグッズが現れました。

相模原市中央区のリリアム大塚が、開発した「リリアムスポット」は、膀胱の位置に超音波をあてて尿の溜まり具合を、メモリ表示します。価格は公式サイトで、9,900円(税込み)です。測定する方法は、仰向けに寝た姿勢で専用のジェルを塗り、器具を直接肌にあててます。時間は約20秒ほど。

ただ、衣類を脱がせてジェルを塗り、器具を20秒当て続ける手間を考慮すれば、トイレに連れて行った方が良い場合もありますよね。

起き上がれる

寝たまま排せつができる、おむつとトイレが一体化した自動排泄処理装置があります。

股間にカップをあてて尿や便が排泄されると、瞬時に吸い込みタンクへ移動します。その後、股間を洗浄し温風で乾燥させます。

販売する企業は徐々に増えていますが、例えば、エヌウィックが作る「マインレット爽(さわやか)」では、介護保険が使えて月額約6,000円程度です。別途、1万円程度の付属品購入費がかかります。ユニ・チャームが作る「尿吸引ロボ ヒューマニー」は、同じく月額約1,200円、付属品は3,000円です。

移動できる

自力歩行ができない『要介護3』方は、車いすでトイレまで連れていきます。別に次のようなアイデア商品を開発中です。

介護者が抱きかかえてベッドから車いすに移動させる際、誤って転倒する危険性があります。石川県工業試験場はおんぶするようにのせて、移動できる補助器具を開発しました。ベッドに腰かけた状態から、器具のいすの部分にまたがるだけで、スムーズに移動ができます。商品化は2022年です。

自動走行でトイレまで移動した車いすが、トイレと合体するロボットを、筑波大発ベンチャー企業のサイバーダインで開発中です。今年の国際福祉機器展でも展示されていましたが、2020年以降に実用化の見通しです。

排せつ物がかからないように下着を降ろす

認知症介護者の悩みは多分この辺です。

トイレは自立しているけど、下着の着脱が十分でないとか、脱ぐ時下腹に力が入り思わず失禁してしまうことがあります。介護者がトイレに一緒に入り、脱ぐのを手伝う方法もありますが、自尊心に配慮してきるだけそっとしておきたいものです。逆に、傷をつけて認知症が進むやもしれません。

スポンサードリンク

下着はリハビリパンツで着脱が楽なもの、ズボンはウエストをゴムにします。リハビリパンツに厚みがあるので、ズボンのサイズは大きめのものを選びますが、そうなるとウエストがゆるくて下がってしまいます。ストレッチ性のある布地を選び、ヒップとウエストができるだけぴったりなズボンを探しています。

トイレを使用したら必ず、床、便座、トイレホルダー、水道の蛇口を拭きます。この時雑巾が面倒なら、除菌シートで使い捨てのビニール手袋を着用し、手のひらを押し付けて拭くだけでも違います。1日に何度も使うトイレですので、介護者の手荒れ対策も大切です。

言いにくいのですが、排せつ物は衣類に付いているはずです。頻繁に洗濯を行うのは無論、座る椅子や寝転ぶ場所を決めておきます。また、ファブリーズのような除菌スプレーを、フル活用もありです。排せつ物は放置しておくとニオイの元ですし、雑菌を広げてしまいます。

後始末ができる

難関は、大便の後のお尻の洗浄です。ウォシュレットは、今の高齢者にとって馴染みが薄く使い慣れていません。肛門に、ウォシュレットの水をあてられずに汚れが取れないとか、衣類を濡らしてしまうこともあります。

紙で拭く方もいますが、手がお尻の位置に回らず上手に拭けないこともあるのです。肩の可動域も狭くなっています。介護者が代わりに拭かなくてはなりません。一度紹介したことがありますが、こちらの不燃布タオルは柔らかく、濡らしても乾いたままでも使い勝手が良いです。使い捨ての手袋をつけて、不燃布タオルを濡らしてサッと拭くというのが、個人的にはおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三昭紙業 「おもいやり心」 ドライメッシュタオル N−100 1パック(100枚)
価格:1655円(税込、送料別) (2019/11/8時点)

楽天で購入
おむつのトラブル

介護者の多くの悩みは、おむつから排せつ物がもれてしまうことだそうです。すぐに思いつく解決策は、吸収率の高いパットや大きなおむつですが、逆に悲惨な結果を生むこともあります。

排せつケアの情報館 『むつき庵』を、京都市上京区で開設している浜田きよ子さんの知恵を紹介します。

あわないおむつは、姿勢が崩れ、座る姿勢にも影響し食べ物が飲み込みにくくなったりします。500ミリリットルの高吸収おむつを利用した場合、その大きさのペットボトルが股に挟まっているようなものです。

人によって習慣が違い、漏れる原因もさまざま。排せつケアは謎解きなのだそうです。まずは、本人の性格や生活、食べ物や飲んでいる薬、排せつ状態などを観察して問題を探ります。

例えば、緑茶やコーヒーが大好きな人が飲み物を変えたことで、頻尿が改善されました。また、車いすを変えることで自力で立ち上がれるようになり、おむつをやめてポータブルトイレが使えるようになった人もいたそうです。

スポンサードリンク