認知症の介護、予防医療、施設情報などを紹介します。

脳の活性化

『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』を読んだ

医師と思えないくらい、介護現場の肌感覚を知っている 竹内孝仁医師の『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』を読みました。医師にしておくには、もったいないくらいな軽快な文章で、スラスラ読めました。そして、医師とは思えない …

コップに水

認知症にアロマセラピーが良いと聞いて試してみた

日本人の花粉症人口を考えるとどうだろう? 認知症にアロマセラピーが良いと、話題になっているために、昼用のアロマ、夜用のアロマを購入して試してみることにしました。 結論から書いてしまいますと、多くの医師や関係企業の方は、ゴ …

認知症とアロマエッセンス

認知症と咀嚼(そしゃく) | 最も身近な脳トレは良くかむこと

咀嚼(そしゃく)回数を増して脳を活性化 健康情報講演で必ず医師が言うことは、運動、食事のバランス、咀嚼(そしゃく)回数の3つです。運動や食事のバランスは、なんとなく分かりますが、咀嚼の回数を多くする(長い時間をかけて良く …

老夫婦の食事

物忘れサプリメントで、うっかりとぼんやりの不安を解消したい

うっかりの段階でケアをし続けて、積極的に年齢を重ねる 最近話題の成分を詰め込んだ、物忘れサプリメントを紹介します。 全薬販売より販売している、リファブレンです。 病気でなくても物忘れは、不安を誘う 物忘れサプリメントを、 …

考える人

ビールのホップとアルツハイマー認知症は関係ありなの?

ホップに含まれるイソα酸は健康に良いと、とどめておこう 先日、ラジオのコメンテーターが、ビール類の酒税が55円に統一されることに、激怒していました。多くの庶民がお世話になっている、発泡酒、麦芽を使わない第3のビールを開発 …

ビール

『まゆっこ』データロガーは、認知機能の進行を数値的に測定する

認知予防の運動と認知機能のデータ測定と保存ができる 母が通うディケアでは、身体能力のリハビリに加えて、認知症の予防のプログラムも強化しはじめています。ゆっくりと進行する脳の衰えですが、継続したリバビリで進行を遅らせること …

おりがみを折る高齢者

高齢になると血栓を溶かす力は低下する、血栓溶解の方法を調査

できた血栓を溶かす力が低下する 脳の血管を詰まらせる脳梗塞、心臓の血管を詰まらせる心筋梗塞や狭心症、他静脈血栓感染症などの原因は、血管内の血栓が原因です。血栓ができる原因は、動脈硬化や高血圧、高脂血症などから引き起こされ …

血管

アルツハイマー認知症知らずの良質な睡眠を、腸から守りたい

脳の中の清掃時間は、睡眠中だった 睡眠不足は子供の成長を妨げる『寝る子は育つ』と言われますが、大人でも睡眠と健康には大きな関係があります。 成長ホルモンの分泌により、体内の組織の再生、微炎症や怪我の回復も睡眠時に行われて …

寝室
Page 1 / 212

サイト内検索

WEB全体で検索

PR

私が利用している店については、こちらに記載しました。他の店を探すなら、下記より複数の店から検索が可能です。

アーカイブ

日本アフィリエイト協議会正会員
PAGETOP
Copyright © 認知症なんて怖くない All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.