認知症の介護、予防医療、施設情報などを紹介します。

日記

65歳以上の新規採用にまで高齢者雇用推進助成金が支給される

これからは、80歳でも会社へ通うのが当たり前の時代よ 87歳の母が就職活動を、行う意味が分かりました。国は政府をあげて、介護現場まで巻き込んで、日本の就業率を上げようとしているからです。 なんと、65歳以上の新規採用にま …

電車のつり革

新設の介護相談サービスは、自分が認知症になったらの不安対策

認知症が抱える問題点を洗い出せる相談サービスを活用 新しい介護相談サイト、『教えて!goo×介護の相談』が新設されました。 『教えて!goo×介護の相談』は、介護・デイケアを事業としている株式会社ビッグエナジーと、Q&a …

悩んでいる老夫婦

介護保険の要介護認定を更新しました

要介護度のランクは、2年に1度見直される 要介護度のランクは、容体が安定していれば2年に1度の更新を行います。 要介護認定期間の改正(加筆) 2016年9月に2年から3年に改正案が提出され、平成30年より実施。 介護保険 …

住み慣れた近所で迷子になり、2時間後に帰宅

運動は認知症予防になると聞いて出かけたものの 3月も春の陽気になる事が時々あり、家にこもりがちったために、この日を逃したくないと外出したくなります。 母は、ディーサービスで歩くことが健康に良いと言われ、医者にも足に筋肉を …

高齢者のふらつき症状は、心臓の不整脈からきていることもある

単なる偶然?でも違う、ニトロールRカプセル 以前当サイトにも書きましたが、母の主治医を小児科の先生から、心療内科に変えました。心電図の検査の結果、ニトロールRカプセルを追加します。 このことが原因かどうかはわかりませんが …

血圧を測る

主治医を脳神経内科の先生に変更

一人で悩むより、相談すれば直ぐに解決出来る 関連業界では常識で言うまでもない事でも、一般の人には知られていないことが沢山あります。 脳梗塞や脳卒中で倒れた方は、病院で診断をうけケアを行いますが、自宅で同居しているお年寄り …

近所の病院へ通院する時、近距離タクシーが頼みづらいのですが!

近距離の高齢者に利用が増える時代に 先日、母が急に高熱が出たものの、なんとか歩けそうだったのでタクシーで病院へ行くことになりました。病院から私の家はワンメーター。こんな近距離では、嫌がるだろうなぁ~と、迎えに来てくれたタ …

市から特定検診の葉書きが届いた!

将来のリスク管理は、若いころからの予防 脳卒中で倒れる方は毎年約30万人で、死亡者は12万人です。 現在、高度医療が進んで脳卒中で亡くなる確率は減ってきていますが、半身まひや言語障害などの後遺症に悩まされている人は166 …

医師と話をする男性
Page 1 / 512»

サイト内検索

WEB全体で検索

PR

私が利用している店については、こちらに記載しました。他の店を探すなら、下記より複数の店から検索が可能です。

アーカイブ

日本アフィリエイト協議会正会員
PAGETOP
Copyright © 認知症なんて怖くない All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.