広告 

食べやすさで食欲不振をのりきろう

とりたてて体調が悪くもないのに、食欲がない時があります。高齢者の場合、年々食事の量は、減ってきているから心配ですね。少量であっても、必要なエネルギーを効率よく食べてもらいたいと思うものです。

先日、朝食をとらなかった母に、プロテインゼリーを代わりに食べてもらったら、調子がよさそうでした。

こうした栄養補給ゼリーは、気温が熱くなり食欲がわかない夏や、発熱した時に応急処置として使えます。服薬のために、どうしても食事をとってもらいたいと、眉を上げるぐらいなら、ゼリーを検討してみたらどうでしょう。湯気が出ているご飯

長生きの秘訣はたんぱく質を食べること

NHKテレビのガッテンで、長生きの食材は肉や魚のたんぱく質と言っていました。高齢になっても肉や魚が好物と言い切れる人も、そう多くありません。

少量ずつバランスよく、食材が詰め込まれている宅配弁当には、当然たんぱく質も入っています。自炊している高齢者より、宅配弁当の方が栄養状態がよいことが、テレビで放送されました。

元々食べないのに、食事を食べないとなれば、是が非でも食べてもらう方法に頭を悩ませます。 豚肉

プロテインゼリーには利点がいっぱい

肉や魚を高齢者が嫌がる理由の一つは、口にした時の独特の臭みだと思います。たんぱく質を主原料としたプロテインゼリーは、やわらかく、飲み込みやすく、高齢者が嫌がる臭みは消えています。

しかも、水分が多いゼリーであれば、肉そのものを食べた時より、満腹感が強くなります。肉に含まれているたんぱく質は、お米やうどんなどの糖質に比べると、消化吸収に時間がかかります。満腹感も長く続きます。

不思議なもので、食欲がなくても、満腹感が得られると、なぜか幸せな気分になれるものです。糖質のエネルギーゼリーより、プロテインの方が満腹感が強そうです。

スポンサードリンク 

高齢者の中には、お茶を飲みたがらない方も多いので、つい食事に含まれている水分を当てにしてしまいます。食事を食べないと、当てが外れてしまうわけです。ゼリーであれば、たとえ少量であってもおのずと水分補給もできます。

高齢者専用のプロテインゼリー

たんぱく質を食べることは、高齢者に限らず、全ての人に多くの効能をもたらします。筋肉を使うアスリートも、痩せたい女性も、目的に合わせた専用のプロテインを食べています。プロテインは、錠剤であったり、ゼリータイプを使う人もいます。

では、アスリートが食べるプロテインと、高齢者が食べるプロテインと、どう違うのかと言われれば困りますが、購入層が違います。高齢者専用のものは、高齢者が多く食べているから、高齢者からの問い合わせや、相談内容に合わせた商品開発がおこなわれているはずです。

私は、バランスショップの水ゼリーを愛用しているのですが、こちらのお店は、高齢者専用の栄養補給食品のお店です。栄養補給のためのゼリーは、いくつか用意されています。

今回、1袋で、エネルギー200Kcal、たんぱく質6gを摂取できるプロテインゼリーが新発売しました。さっそく試してみたのです。プロテインゼリー

元からあるプロテインゼリーは、ようかんのように固形タイプですが、今回は水分量が増えています。食欲不振の時は、こちらの方が、口にしやすそうです。

試した感想は、ほんのりフルーツ味になっていて、味に癖がありません。元のものと比較しても、ややさっぱり味です。

ウイダーのようなコンビニに売られているパウチのゼリーと比較すると、わずかな力で吸い込むことができます。高齢者が飲むことを、意識した作りになっているのですね。

ゼリーの粘性もやわらかすぎず、硬すぎずで、ゼリーとゼリーの間が切れているので、一気に喉を越すことがありません。口に入れた時も、コロっとした食感が心地よかったりします。プロテインゼリー

栄養補給でありながら、食べる楽しみがあるところが気に入りました。 写真のプロテインゼリーは、パワミナ200Jellyといって、お試しセットも10袋からあります。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事