広告 

体の状態に配慮しているだけでなく、高齢者でも頼みやすい

高齢になると、内臓の働きも弱くなり腎臓が弱ってきます。
血圧も、若い頃は大丈夫であっても、年々上がっていくのが普通なのだそうです。血管が硬くもろくなり、動脈硬化が進行してしまうためです。
加えて元々糖尿病などの持病がある方も、合併症のリスクが高まるために、食への注意を怠ることが出来ません。

腎臓、高血圧、糖尿病に配慮した食事療法が、必要になってきます。

しかし、現職の主婦であっても、毎日3度の食事作りは厄介と思う日は多いはずです。介護者に子供がいたり、仕事があれば、高齢者用のメニューを一品作るのも大変です。
高齢であれば尚更。

こんな事情から、宅配サービスで1食でも2食でも助けて貰いたいのは、誰しも考えることです。
また、一人暮らしのお年寄りであれば、もう食事なんて作りたくないと言ってもおかしくありません。毎食、宅配弁当で賄えるものなら是非そうしたいですよね。
家庭料理

高齢者が宅配サービスが不便と感じるのは

食事を配達してくれる宅配サービスは増えたけど、不便な点は色々。

まず、疾病のことを考えた食事が、豊富に揃っていないことです。 他にも、高齢者がサービスを利用するには、不便な点は一杯あります。
思いつくままに書いてみると、こんな感じです。

  • 気になる疾病に合わせたメニューの量が少ない
  • 日毎のメニューが固定で、食べたいメニューがダイレクトに注文できない。
  • 一品づつ選べて、宅配可能なコンビニ弁当は、味が濃くて野菜が少ない
  • おかずの好き嫌いがあって、セットメニューでは栄養のバランスが悪い
  • 注文方法がネットのために、ネットを使えない高齢者には不向き
  • 注文方法が対面だけで、同居していない家族は頼みにくい
  • 認知症で支払いが不安

こんな不安を補ってくれる、お弁当の宅配サービスを見つけました。
ニチレイのダイレクトフーズです。

下記、私が高齢者の宅配弁当用として、いいなぁと思った点について書いてみましたので、宅配業者選びの参考にしてください。

気になる疾病毎に、コースと一品づつでも注文可能

ニチレイのダイレクトフーズには、『気配り御前』と呼ばれる冷凍の総菜セットがあります。平均、254Kcalで1食の栄養のバランスを考慮し、メニューは日常食卓に上りやすい、和、中、洋が揃っています。

何より、一品づつ選んで注文が可能です。
気配り御前は、現在単品で54食ありますが、54食の中から、7食、5食をチョイスしたコースがあります。そこから、まとめて選ぶことが出来ます。
さらに、気になる疾病に合わせたコースも、提示されています。

スポンサードリンク 

気配り御前の中から、下記のような体の状態に合わせた食事を7食づつ、3コースから5コースづつ揃えています。

例えば、糖質を控えたい方が注文する際は、糖質を控えたいに方に掲載されている、コースを選ぶだけで良いのです。コースの中に掲載されているメニューを個別に、注文することも可能です。

  • 糖質を控えたい方
  • 塩分を控えたい方
  • 脂質を控えたい方
  • タンパク質を控えたい方
単品のおかずは7品目

お弁当だけでは量が少ないとか、好き嫌いがある高齢者には、単品のおかずは便利です。栄養のバランスも、整えることが可能です。

ただ、ニチレイダイレクトフーズでは、7品目。ちょっとさみしいかも。

通常の百貨店のおかずシリーズとは違って、1食単位で袋に入っているために、小分けする手間がいりません。食べたいときに、冷凍庫から取り出してレンジで温めるだけの、手軽さは、評価大です。

一人暮らしの高齢者には嬉しいお米の冷凍

食が細い高齢者の場合、一人分のお米を炊いても美味しくないし、かといってまとめて炊いて、保温状態のお米も美味しくありません。最近は、一人分でも美味しく炊ける炊飯器があり、一概にはいえませんが、得てしてそうですよね。

1食分づつ冷凍してあるお米は、一人暮らしには嬉しい。
最近は、白米より玄米や雑穀米の方が、健康に良いと持ちきりです。お米以上に栄養価が高く、血糖値や腸内環境を整える働きがある、雑穀米はお年寄り向きなのかもしれません。

1食づつ個別包装されているので、食事の度に主食を変える楽しみもあります。
ニチレイダイレクトフーズには、雑穀米、大麦、餅米玄米、黒米、小豆、おかゆ、底GIのお米などが、1食分の冷凍で揃っています。

低カロリーなやわらかいおやつ

甘い餡に目がない母がいるから、わかります。
一度に沢山食べれないけど、甘いおやつは一生やめることが出来ないに違いありません。

冷凍のパンケーキや大福は、柔らかくしかも低カロリーなのが魅力です。食べきり包装なので、食べすぎを心配することもありません。

ネット以外の注文方法も有り、支払い方法は豊富

今の高齢者は、ネットを使えない方が多いようです。ニチレイのダイレクトフーズは、カタログを取り寄せて、注文はFAXや電話でも可能です。
カタログがあるので、高齢者にメニューに印を付けてもらい、後で家族がネットで注文することも可能です。

支払い方法も、代金引換、クレジットカード、コンビニ決済、銀行振り込み、ネットバンキング、amasonペイメントと、種類は一杯なのもいいと思いました。
お金のやりとりが少し不安なら、クレジットカードで行うことが可能です。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

高齢者配食サービスを利用して、ウェルニッケ脳症のリスクを回避
認知症を更に悪化させないためには食生活も大切 核家族化が進み一人暮らしのお年寄りが増えるに従って、心... 記事はこちら

認知症はタンパク質不足も原因、アルブミンとコレステロールに注目
何事もほどほどにという事でしょうか? 私の中では認知症というと、どうも脳血管性のことが浮かぶために、... 記事はこちら

チョコレート 糖尿病にチョコレートが良いなんて夢のようね
チョコの栄養素が、糖尿病の合併症への不安を和らげる 栗原毅医師の『チョコは糖尿病によく効く、ヘモグ... 記事はこちら

無症候性脳梗塞、そのものが心配という訳ではない。
無症候性脳梗塞は生活習慣の予防の信号 今日のように、簡単に脳の断面画像が何枚も撮影ができるCTや磁気... 記事はこちら