ココセコムが月額500円で利用できるようになった

頻繁に徘徊するわけではないけど、安心して暮らしたい

徘徊癖のある高齢者がいる家族なら、GPSを利用した位置情報提供サービスを使っているかもしれません。

今の高齢者は固定電話で世代で、携帯やスマホを持たないので、スマホに変わる端末が必要です。いざ購入しようとしても、通信費が高いと言われて断られたり、そうした端末自体を持ち歩くことを嫌がったりして、うまくはいきません。通信費が高いの悩みに、応えたGPS位置情報提供サービスを見つけました。 ココセコム

ココセコムの特定割引とは

ココセコムとは、警備会社のセコムが提供している位置情報提供サービスです。 機能の詳細はこちらの記事に書きましたが、月額料金が、最低900円からでした。

1番の魅力は、パソコン画面で居場所がわかることです。インターネットの専用サイトにログインすることで、高齢者の居場所が地図上に表示してくれるためです。

今回このココセコムから機能を大きく外し、位置情報だけを検索するGPS端末が、月額500円で利用できるようになりました。非介護者が押す通報ボタンはなく、介護者が居場所を探すためのみです。

このサービスを、『特定割引』と名前がつけられています。

従来のココセコムとの違い

従来のココセコムは、月の三分の一以上徘徊を繰り返す高齢者であったり、非介護者が持病があり、家族に緊急連絡をする事態がありうる方でした。下記の写真は、従来のココセコムで通報ボタンがあります。 ココセコム

スポンサードリンク

新しいココセコムは、非介護者の外出は月1~2回で近場のみ、時々遠出をしてしまい迷って帰れなくなる方向けです。頻度が低いとはいえ、居場所がわからなくなれば、介護者にとっては時間と精神的な苦痛は、相当なものです。より低価格で、万が一の時の安心を買えるようになりました。

従来のタイプの物より、少し小さくなり、基本料金500円以内で、月2回までは無料検索を行えます。月2回以上、居場所を検索する場合は、追加料金として1回ごとに100円かかります。

手に取ってみましたが、すっごく軽くて小さい。ただ、服やポッケに忍ばせるには、まだ大きいですね。

従来のココセコムと同じ

GPS機能を使って、位置情報を提供するサービスは増えましたが、非介護者を保護するために、代わりに向かいに行ってくれるサービスは、セコムだけです。特定割引のココセコムでも、こうした現場急行サービスはついています。

仕事の都合で迎えに行けない、介護者自身も高齢であったり、体が不自由で出かけることが困難な場合に、役立ちます。

連続動作時間が240時間ですので、10日間は充電をしなくても大丈夫です。予備バッテリーが1500円で購入できますので、2個のバッテリーを交互に入れ替えることで、常に持ち歩いてもらうことが可能です。

お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】 』の公式サイトのサイドバーに、『特定割引』のボタンがあります。そちらに、特定割引サービスの内容がありますので、確認してみてください。

スポンサードリンク