頭痛を診断したら高血圧だった、高血圧性脳症にあと一歩だったかも

頭痛で高血圧が分かることがあるらしい

母がそれほど肥満でないのに高血圧なので、遺伝するかもと予想していました。少しリスキーだったかもと思われる状態で、私の高血圧は発見されました。

医師に診てもらう理由は、1ヵ月間の原因不明の頭痛でした。 医師の指示で、1週間家庭血圧を測定した後、降血圧剤を処方してもらいます。頭痛

1ヵ月間毎日頭痛があった

高血圧はサイレントキラーと言われていますが、1ヵ月間前から体調がおかしく、生活の状態も少し違っていました。

外壁塗装工事のために自宅にこもり運動不足だったのと、介護ストレス、就寝時間を超えてもパソコンに向かう生活が、多分いけなかったのだと思います。体がだるく、仕事をしている時は熱中していてほとんど睡魔に襲われることもなかったのに、よく眠くなっていました。深夜、2時頃に目が覚め、就寝時間が遅いはずなのに通常より30分も早く目が覚めます。

やがて寝違えたような頭痛がして、最初は寝違えたに違いと考えて枕を変えるなど工夫をしましたが、駄目です。 1ヵ月間の頭痛の対策をしましたが、治らないために、母の主治医に相談することにしたのです。

頭痛の原因は肩こりと言われたけど

頭痛の原因は、パソコンで目の使いすぎによる肩こり。ちょっと触れば、カチンコチンの肩でした。肩こり解消のために、湿布薬を貼りながら、血圧を朝と夕方に測ります。高い時の血圧176mHg-108mHg、低い日の血圧150mHg-97mHg。

1週間、湿布を貼り続けましたが、頭痛が治る見込みは無く、再度医師に相談して降血圧剤を処方してもらいます。飲みながら湿布を貼り続けて頭痛は、完治しました。

私は元々、事務作業が仕事であったために頭痛持ちの肩こり症ではあります。しかし、こんなに長期間頭痛が続いたことは、今までなかったのです。

医者にはまだ言っていませんが、高血圧も関係していると確信します。その理由は、血圧の薬を飲み忘れた時、頭痛が甦ってきました。真偽のほどはわかりませんが、現実に、高血圧のサインに頭痛もあると思うのです。

降血圧剤の飲み忘れのリスクは、身を持って実感

降血圧剤の飲み忘れは、怖いと聞いています。気が付いた時に出来るだけ早く飲むべきです。

私の場合、飲み忘れたというほど気安いものではなく、明らかに体に異変を感じました。心臓が踊りましたし、再び現れた頭痛は再度薬を飲み始めても、2日間ぐらいは治りませんでした。飲む始める高血圧の時より、血管に負担がかかっているのです。

高血圧脳症ではなかったけど、危なかったと思う

現時点では、頭痛イコール高血圧と結び付けられていないようで、他の要因の影響の方を重視しています。脳の血流は、自律神経系によって調節されているために、一定に保たれるからというのです。

スポンサードリンク

しかし、こうした調節機能にも限界があることが、最近分かってきています。 調節機能に異変が起きる状況は、急激な高血圧であるか、又は、長期間継続する高血圧。私は、昨年までの健康診断では、高血圧の気配は全く見られず、時々家で測定する血圧でも現れていませんので、急激に血流が高くなったともいえるわけです。

高血圧脳症は、210mHg-120mHgとケタが違う数値ではありますが。また、 高血圧脳症は、頭痛、吐き気、嘔吐といった症状を引き起こし、放置したまま悪化すると、けいれんや意識障害、視力障害を起こす怖い病気です。

高血圧症で頭痛がある場合は、他の脳疾患、脳梗塞やくも膜下出血などとも関係しています。

高血圧症と知りながら、頭痛がいつもと違っていたら要注意

私は、母の主治医に診てもらったために、直ぐにCTで頭の中を撮ってもらいました。医師は、何にもないと思うと言っていましたが、実は頭痛は恐ろしい脳疾患と隣り合わせなのです。

キーワードは、いつもとは違う頭痛であると感じたら、脳神経科の受診と心に決めておくべきです。

脳梗塞の頭痛

脳梗塞は、脳の太い血管が詰まって、脳細胞に血流がいかなくなる病気です。この時は頭痛と同時に、めまい、手足が動かない、手足がしびれる、うまくしゃべれないといった症状も伴います。

くも膜下出血の頭痛

くも膜下出血は、脳動脈瘤の破裂などによって血管が破れ、脳を覆うくも膜と軟膜の隙間に血液があふれてしまう病気です。出血量が多ければ、死にも繋がる恐ろしい病気となります。

よく突然ハンマーでたたかれたような激しい痛みがあると言われていますが、前触れとして、数日~数週間前に脳動脈瘤から少量の出血がおこることがあり、頭痛を感じます。

出血が多い時は、激しい頭痛と共に嘔吐、痙攣発作などを伴い、意識を失うこともあります。最悪の場合は、死に至る恐ろしい病気です。この時は、できるだけ体を動かさないようにして、直ぐに救急車を呼びます。

出血が少ない場合は、首の付け根からうなじあたりにかけて痛みを感じたり、首筋が硬直したりします。まさしく肩こりにより頭痛ように感じる人もいるそうです。頭痛は、後頭部や頭全体を突然ハンマーでたたかれたような激しい痛みで、瞬間的に最大級の激しい強い痛みが起き、継続して強い痛みが続くこともあります。いつもと違う、頭痛である時が付いた場合は、脳神経科で診てもらう必要があります。

脳出血の頭痛

脳の動脈が破れて脳の中に血が溜まり、脳を内側から圧迫して頭痛が生じます。時間と共に、頭痛と一緒に、吐き気や嘔吐が現れたり、麻痺やしびれなど感じることもあります。手足がしびれたり、ろれつが回らなかったり、物が二重に見える場合は、脳出血の疑いがあります。

スポンサードリンク