広告 

なんとポータルトイレ購入が、こんなに楽にするなんて

介護という現場ほど、可笑しいものはないとこの頃考えます。
不本意であっても、他の人の意見を取り入れてみると、我が身を助ける結果になることがあるんです。
多くの介護者は、私と同じ懐疑的で、心にいくばくかの不満を持っているものですが、心を開くと良いこともあります。
会議

介護認定がでると担当者会議は必須らしい

3月に介護再審査の認定申請をして、4回目。母の介護度は、要介護2に決定しました。
初回時から順に書いていくと、要介護2、要介護3、要介護1、要介護2と、全くもって毎回もってよく変わるわけです。母自身の様子はそう変わることはありません。

介護認定が変わった時は、担当者会議をしなくてはなりません。
担当者会議の構成メンバーは、ケアマネジャー、利用施設の看護師、介護士、リハビリ担当者、福祉用具事業者と家族介護人の私となります。

今までは、5人もの人間が入れる場所はないということで、自宅での会議を断っていました。しかし、ディケアの時間中に会議を行うのは禁止と、市からの要請あったそうです。ディケアの9割の費用は、介護保険で賄われているのですから、逆らう訳にはいきません。

その為、利用者の自宅で行うようになったようです。ケアマネジャーに、『どのお宅も同じように行っていますので』と、念をおされます。
我が家は、3人は椅子なしでの会議となります。

階段用のリハビリを取り入れてくれる

母をお世話している方達から、母の普段の行動状況が、各々報告します。
それぞれ立場が違う人たちどおしが、現状を報告し合い、問題点の有無の確認や、要望などを出していくのが目的となるのでしょう。

正直、困っている事情のほとんどは、母本人の前で口にできる事ではないので、会議をする必要性もそれほど感じていませんでした。

しかし、リハビリ担当者から、階段がないと母の部屋に行けない事に気づき、歩行と階段のリハビリを強化すると、提案してくれます。これって、リハビリの方が自宅まで足を運ばなければ、その必要性に気づくことは、なかったかもしれません。

高齢になると年々足腰が弱っていくことを、意識していませんでした。老いることに関しては、本人も家族も無頓着だったりします。
多くの高齢者に接しているリハビリ担当者にとっては、ごく当たり前ことなのですね。

ポータルトイレを買い替える

母のポータルトイレが古いので、使い勝手が悪いのではと、福祉用具事業者から新しいポータルトイレの要請があります。
この提案には、内心『ハイハイ、それが目的なのね』と苦笑いをして、購入を決めました。

スポンサードリンク 

しかし、新しいポータルトイレ1個を買い替えることで、画期的な変化がおきました。母は、就寝後は室内でポータルトイレを使い、外のトイレを使わなくなったおかげで、トイレが汚れなくなったのです。
私たち夫婦が、深夜トイレに行く時は、べたつく床に汚物が落ちていないかの確認から始まります。濡れた便座でお尻を濡らすことが無いように、便座も念入りに拭きます。こうした、儀式が毎日続いていて、当たり前になっていたのです。

ここ数日は、なんにも考えることなく用を足すことができる幸せを、かみしめる事になりました。

実は、母はポータブルトイレを持っていましたが、バケツが深く飛び散るために、浅い洗面器を入れていました。
洗面器は直ぐに一杯になるために、一回使う度にトイレに流さなければならなかったようです。汚物の後始末は、母自身が運んでいました。(すみません、母が自分でやると言い張っていたのです。)

新しいトイレからは、ケアマネジャーに私が行うように指示されます。
でも、ちょっと嫌だったのですが、実際やってみると、最近の消臭剤は高性能にびっくり。
まったく、汚物の臭いがしないし、トイレの形状が簡単に流しやすい形状になっています。

しかも、母が行うと汚物が周囲に飛び散っていたようで、トイレの床はべたついていたのですが、今はサラサラ。
母自身も、ポータルトイレの使い勝手がすっごく良いようで、積極的に使用するようになります。
結果、トイレを使うので、部屋の空気が前よりすんでいるようです。

他のご家庭の話を聞くと、やがてポータルトイレまでも間に合わなくなるので、周囲にひくシートが必要になるそうです。
なるほど、道具で幸せになることはできないけど、排泄介護の暗い気分から逃れることは可能なようです。

リハビリパンツも実は、介護者を助けるものだった

母と離れて、玄関先でケアマネジャーに、リハビリパンツの着用を促されます。
この頃、母はリハビリパンツを履かないでも大丈夫と、自分で解釈して布パンツにしていました。本人の意志をだからとそのままにしていましたが、実際は、周囲に異臭を放ち、大変な迷惑を掛けていたようなのです。

考えてみれば、今は当たり前のように履いているリハビリパンツですが、なかった時の介護環境は地獄だったに違いないと思うのです。

人の助言に耳を傾ければ楽になれるよ

今回の担当者会議の教訓は、『介護者は人の言う事をちゃんと聞こう!』ということと、『先人が開発した排泄グッズのありがたみを知ろう!』ということでした。

今日は、支離滅裂でしたが、言いたいことは伝わっていると思います。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

乗用車に車椅子を載せる 認知症の方で人工透析等の持病ありの場合、家族の方の介護の負担は?
通院乗降介助を上手に利用 多くの高齢者は持病を持っているものです。認知症などで要介護度が高くなると、... 記事はこちら

車椅子の男性 若年性認知症の夫を介護するケアノート『明日はわが身』を読んだ
実際ケアした方の実のある情報が得られる 若年性認知症の夫を介護するケアノート、南田佐智恵さんの『明日... 記事はこちら

一人っ子、両親とも要介護3で独身で介護する男性に出会った
一人っ子の救済は必要だと思う リハビリ病院転院後、2日~3日たった頃です。 私は母をほぼ強引にリハ... 記事はこちら

認知症被害妄想や物盗られ妄想で、義理母の対応は大変だよね
泥棒が入ったという母に真剣に対応した受け答えはしっかりしているし、日常生活もそれほど支障はないけど、... 記事はこちら

エンドレスの図 同じ話を何度もする親の対応方法はどうしてる?
言葉は記号ではないので、介護の教科書通りにはいかない 同じ話を繰り返す親の言葉は、快いものばかりでは... 記事はこちら