広告 

言葉は記号ではないので、介護の教科書通りにはいかない

同じ話を繰り返す親の言葉は、快いものばかりではありません。

多くの書籍や介護関係者は、同じ話をしても、始めて聞いたような態度で優しく接するようにと書かれています。そうはいかないことも多いのです。
エンドレス

結婚していない定年を迎えた姉に、いい人はいないかと何度も言い続ける母に、こちらの方が、ハラハラします。施設で出会った方の息子さんが、同世代の独身であることを知った瞬間、本気で、お見合いを設定しようとしたことがあります。

私が問いだたしても駄目、最後に施設の方に『お見合いの話は白紙』ときっぱり言われるまで、何週間もその会話は続きました。

私が、姉であったら大爆発しているところでしょう。

遠慮のない身内どおし会話は、是非の判別がつけられない

同じ話を繰り返す高齢者に対して、理屈どおりに、優しい気持ちで接することができないのは、身内にとって痛いところをつかれてしまうためです。親は子供の事を良く知っています。

『地雷を踏む』という言葉がありますが、これは、相手が気に病んでいること、コンプレックス等に対して、無遠慮に土足で入り込んでしまう事を言います。漫画などから流行した言葉ですが、まさしくこの言葉にピッタリ。

血のつながった親子関係は、遠慮が無い分、こうしたことは日常茶飯事です。
『そんなこと言うもんじゃないでしょ?』と言う私に、『お母さん以外に言う人がいないから、言うのよ。』といいます。こんな言葉に逆に、思わず納得してしまうこともあり、へんてこな状態になることもあります。
親とはありがたいものなのか、果たしてと考えるわけです。

スポンサードリンク 

お花畑を歩いているような夢のような楽しい会話なら、やり過ごして、『お母さんまた同じ話を繰り返している』となるんですよね。
急須でお茶を注ぐ

人の興味や感心事って、愉快な事ばかりではない

しかし、自分の日常を振り返ってみれば良く分かります。
人間の興味や関心は、決して美しいものばかりではありません。

  • 警戒心(物盗られ症候群の行動で出る方も)
  • 興味(火事場見物的な好奇心は、高齢になってもある)
  • 不安(身体能力の衰えについての会話は止まらないはず)
  • 愛情(無償の愛は時として重く、負担な時も)

会話は記号ではありません。
会話の中に潜んでいる言葉に、受け入れがたい感情や、自分と利害に反する内容、道義的に流せない事、自分とは真逆のイデオロギーなどなどに触れると、私も過剰に反応してしまいます。

反応してしまった時は、いつもの空返事ではなく、わりと真面目に理屈をいいます。真面目に話しても半分も理解していないと思うのですが、もう、地雷は踏まれてしまったので、爆発するのみとなり、私の言葉も止まりません。
この時、どんなに丁寧に説明しても、翌日は、また同じ話を繰り返して、どっとストレスが溜まる状況となります。

こんな時は、教科書を無視するべきです。
親に、同じ話を繰り返しているし話の内容は不愉快であると、『キッパリ』告げることにしました。1回では利き目が無いし、逆に、逆上されることもあるけど、私は曲げません。
もう、精神的に限界にきているのですから、これ以上は無理!

介護者は、こうあるべきといった教科書に縛られずに、自分の気持ちを解放させていくべきです。人間の営みは、そうそう、機械のように割りきれるものではないのですから。
多分、悲惨な事件を起こしてしまう方は、正義感が強く、世間的にも優等生なのではと思います。

私は、劣等性のレッテルを、貼られてもかまいませんよ。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

孫をおんぶする高齢者 認知症が進行しても、介護負担のリスクを減らす工夫を
わずかな手間で、長期の快適を手に入れよう 認知症の進行を遅らせたとしても、老いには勝てません。 ... 記事はこちら

尿取りパットとおむつの通販を利用して、買い物の負担を減少
歯を食いしばって、両手に荷物を抱えるのはやめませんか? 既に、使い勝手の良いおむつやパットが決まって... 記事はこちら

介護ロボットパオ 介護ロボット・パロの活用例と臨床実験の結果のまとめ
介護ロボットパロを各国の使われ方を見る 前回、介護ロボット・パロの概略を書きましたが、今日は、具体的... 記事はこちら

尿漏れが不安なお年寄り 尿漏れの臭いの原因を知り、上手に対策を打とう
オシャレ意識を引き出して、衛生環境を改善させたい 認知症と要介護者との違いに、認知症の方は臭覚が衰え... 記事はこちら

認知症被害妄想や物盗られ妄想で、義理母の対応は大変だよね
泥棒が入ったという母に真剣に対応した受け答えはしっかりしているし、日常生活もそれほど支障はないけど、... 記事はこちら