広告 

アロマがアルツハイマー認知症予防になる

パーキンソン病やアルツハイマー認知症になった方に、共通的に見られる初期症状として、ニオイを感じることができないことがあります。

高齢になればなるほどかなり悪臭の環境にあっても不快に思わない様子から、臭気に対して鈍感になっていると、感じている方も多いはずです。ニオイを感じることができないからと、必ずしも、アルツハイマー認知症やパーキンソン病になるわけではありません。
逆に介護現場では、アルツハイマー認知症の方のほとんどは、ニオイを感じることができないというのは、周知のことです。
アロマエッセンス

認知症とニオイの関係

臭覚障害と関係がある認知症は、アルツハイマーとパーキンソン病であると報告されています。

  • 2007年 ラッシュ・アルツハイマー病センター(米シカゴ)のウィルソン教授が、収穫の低下は認知障害の初期兆候である可能性があると報告。
  • 2013年 東北大学の武田篤准教授らは、嗅覚検査によってパーキンソン病における認知症発症を早期に予測できると報告。
嗅神経細胞と海馬は繋がっている

アルツハイマー認知症の病状には、大脳皮質・海馬(記憶を司る部位)の委縮があります。この海馬とニオイを感じる嗅神経細胞は、直接繋がっています。

今まで、人間の脳の神経細胞は一度壊れてしまうと再生ができないと言われていました。しかし、嗅神経細胞と海馬にある神経細胞に関しては、再生が可能であるというのです。

全くニオイの無い環境をつくり、その中にマウスを入れると、嗅覚神経細胞は死滅してしまいます。東大大学院医学系研究科のマウス実験では、ニオイを感じさせない環境で、14~28日の間にほとんどの神経細胞が死滅していました。
この時期に、新たにニオイの刺激を与えると、神経細胞は生き残り再生されるのです。

海馬も同様に、運動などで刺激することで、神経細胞が増え再生されることが分かってきています。

鼻から入った香りは、嗅神経を介して嗅球へと伝えられ、海馬などの大脳辺緑系に伝わっていきます。常に香りを与えて嗅神経に刺激を与えることは、つまり、海馬に刺激を与えることに繋がります。
嗅神経細胞と海馬は、香りによって再生が可能になるということです。

アロマが脳に及ぼす影響範囲

嗅神経細胞の刺激を行う香りが、アロマだと提唱した方がいます。鳥取大学の認知症アロマセラピーの第一人者である浦上克哉教授です。

スポンサードリンク 

アロマテラピーとは、古代ギリシャで行われていた非薬物療法であり、ギリシャ語で香りや香辛料を意味する「アロマ」と、治療を意味する「セラピー」をくっつけた言葉です。
アロマの材料はご存知のとおり、植物の花や葉、果皮、種子、樹皮などから抽出した精油と呼ばれる液体です。

アロマの香りが、脳に及ぼす影響や機序が解明されてきています。医療現場でも、産婦人科、心療内科、耳鼻咽喉科、整形外科などで、メディカルアロマセラピーを導入し始めた医師が増えているそうです。

認知症でも、海馬への刺激以外に、アロマの香りによって期待できることがあります。
アルツマイマー認知症などで期待されていることは、嗅神経を介して嗅球を経て海馬などの大脳辺緑系に伝わりますが、同時に視床下部にも届くことです。

アロマと大脳辺緑系

大脳辺緑系は、喜怒哀楽などの感情や、食欲などの本能的な行動と関係しているところです。
香りの刺激により、過去の楽しい記憶と結びつく心理的作用が期待できます。

アロマと視床下部

視床下部は、ホルモンの分泌の司令塔となっています。
ホルモンは、暑さや寒さに応じた体温調節、体の栄養状態の応じて食欲を起こさせたり、休養させるために眠気を感じさせたりする働きをしますが、こうした状況に応じで体の状態をベストに保っていける状態にしてくれているのです。難しい言葉で、ホメオスタシスと言います。

つまり、アロマの香りが視床下部に届くことにより、脳でおこることが原因となる認知症特有の不調の改善を、期待できるということです。

認知症に良い言われているアロマは開発されている

鳥取大学のベンチャー企業である「ハイバーブレイン」が企画・監修した精油に、「リ・ブレイン」があります。認知症予防のために作られています。

オーガニック認証団体の有機認証を受けた、オーガニック・アロマオイルのみで作られていて、昼用と夜用に分かれています。
昼用は、ローズマリー・カンファーとレモンをブレンドして、交感神経を刺激するもの。夜用は、真正ラベンダーとスイートオレンジをブレンドして、副交感神経を刺激してリラックスる効果のあるものです。

アロマペンダントと言われる、ペンダント内に精油をしみ込ませることができるペンダントを利用して使うのが便利です。場所を選ばず、常にアロマの香りに接することができますね。

自分で精油を選ぶこともできますが、効果を得るためには、100%植物から抽出した本物であることが必要な条件となります。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

掃除をする高齢者 認知症の初期症状は見逃さず、咎めず、素早い対応と温かい気持ちで見守る
早期対応というけれど、親のプライドの前でおろおろが現実 家族にとっても、認知症の本人にとっても苦難の... 記事はこちら

生活がだらしなく
振り返ってみれば、認知症の兆候はあった 自慢できるほどきれい好きとは言えませんが、私はそこそこ、身... 記事はこちら

どうやら母は、脳血管性認知症
脳血管性認知症は症状がかわるまだら認知症 脳血管性認知症は、脳の中の血管が詰まったり破れたりして、脳... 記事はこちら

予感がしていたのはもう何年も前から
娘の生活を支配する頑固な母 母は、日舞やガーデニング、カラオケ、裁縫が好きなごく普通の主婦。 ... 記事はこちら

まだら認知症と、完全に欠落した脳の機能
認知症の症状は、みんなが同じではない その症状を『まだら認知症』というのを後になって聞きました。 ... 記事はこちら