広告 

生命保険と同時に、老後生活資金の備えも考慮

太陽生命保険が認知症を診断された方に、一時金を支払う保険を3月に発売します。
認知症にかかる経費は、医療施設や介護等の認知症治療だけでも多方面に渡り、こうした一金支払いはありがたいはずです。

他にも、要介護者担った場合や、認知症に対する保証をつけている会社はあります。
認知症に対する保険に必要性について記述した後、各々の生命会社の保険内容についてまとめてみました。
保険申込書、電卓、お金、ペン

認知症保険の必要性は、今後大きくなる

認知症になった場合の不安は、色々あります。

若年性認知症であれば、自らの生活を支えることができなくなります。
もし、一家の大黒柱で住宅ローンを抱えていたら、ローンの返済見込みが無くなる可能性も大です。

暴力や徘徊などを伴う深刻な認知症であれば、他人への危害や物品の破損による損害賠償も発生します。
JRの人身事故で、JR側から電車遅延によるの遺族への損害賠償請求裁判は、介護現場に衝撃を与えています。

さらに、今後、認知症の高齢者が増え続けることにより、介護サービスの縮小は確実です。
厚生労働省の発表によれば、平成24年の認知症高齢者は約462人で、平成37年には700万人を想定しています。おおよそ65歳以上の5人に1人は、認知症である確率という事です。

既に先日の介護サービスの見直しで、要介護1と要介護2の訪問介護で、掃除や買い物が介護保険の対象でなくなりました。
我が母のケアマネジャーは、大層当惑していて『困る人、沢山出るよ』と、やや語尾が強かったので、このことで深刻な人は多いようです。

スポンサードリンク 

また、認知症は、軽度時から手厚い介護を受けることで、その進行度合いを食い止めることが可能であるされています。
それとは裏腹に、軽度認知症に対しての公的介護保険のサービスが、今現在でも充分ではありません。
今後、減少傾向になれば、個人個人で対応をせざるを得ない状況になることは間違いありません。

個人で介護サービスを選び、全額負担になる日も来るかもしれないのです。

民間の生命保険の介護保障の現状調査

現在生命保険では、『高度障害状態』担った場合の保険金支払いの項目がありますが、認知症があてはまることはありません。
『高度障害状態』の定義を下記に記述しましたが、かなり重く、認知症はその状態までに達していないために、保険金が貰えないのです。

その為、一家の大黒柱が認知症になった時、現職を失う事例は多く収入減は免れません。
生命保険の特約で、収入の代替わりを、期待することができない状況でした。

しかし、各保険会社で、徐々に保険内容の見直しが行われています。
下記に記載。
医師の問診

生命保険の高度障害状態の定義

生命保険の『高度障害状態』の定義は、以下のとおり。
視力:両眼失明
言語:言語、又は、租借機能を永久に失った場合
介護:中枢神経系・精神または、胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護が必要な場合

住宅ローン残高の相殺

太陽生命保険、秋田銀行、オリックス銀行、新生銀行では、認知症を含め、所定の要介護状態になった場合、住宅ローン残高が相殺される保険を取り扱っています。

契約に応じた年齢まで年金が支払われる

三井住友海上あいおい生命保険、日本生命保険では、認知症や介護を要する状態が180日以上続いた場合、年金の支払いが行われる保険を取り扱っています。
但し、終身で無いために、今後の拡張を望む声が増えるはずです。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事