広告 

高齢者の屋外での事故に、キメ細かく対応してくれるサービス

一人で外出した際に、急に持病で気分が悪くなった、転倒したと言った場合に救急車を呼ぶのは、高齢者1ひとりでは予想外に骨が折れます。
高齢者救急対応

高齢者の救急搬送の理由の第一位は転倒

今いる場所、体のどこがどのように悪いのかを、冷静に説明しなくてはなりません。
転倒や心臓発作などで苦しいさなか、話すだけでも大変ですよね。
近くに親切な方がいたとしても、そうそう他人さまの迷惑になることはできません。

実際に高齢者の救急搬送の理由を分類すると、転倒が約8割、次に落ちる約1割、ものが詰まる、ぶつかる、切る刺さるの順番です。圧倒的に転倒事故が多いのです。

どれも見ても、一人でいる時でも起きうる事故ばかりです。
年々核家族化が進み見守る人がいない中で、お年寄りが自ら守るためには、やっぱり専門に対応してくれる業者以外にはないようです。

困った時に直ぐに連絡先があること、連絡方法が簡単なことは言うまでもありません。
場合によっては、状況を聞き取ったり駆けつけて状況に応じた対応をとってくれることが、望ましくなります。
高齢者救急対応

みまもりを兼ねるGPS端末は、お年寄りを助ける

GPS付きの携帯電話は、当初、徘徊で行方不明になるお年寄りのために注目されてきましたが、今では、そうでないお年寄りにも必要性があります。

外出先で事故に遭った時、現在地を正確に告げられないこともあります。分かりやすい建物や公共施設、駅にいるとは限らないからです。
GPSがあれば、地図から居場所を突き止めてもらえます。

また、連絡すべき近親者が遠方に住んでいる場合は、直ぐに駆けつけるのは無理です。
近くに住んでいたとしても、仕事で電話に出れられないこともあるはずです。

何かあった時に、GPS機能は大切な条件のひとつです。
セコムマイドクタープラス

外出先では、救急情報も持っていないはず

救急車を呼んだ後の必要な情報は、患者の生年月日とお薬手帳の内容(通常の何を飲んでいるのか)、どんな病気を患っているのかなどです。

その情報を元に、搬送する病院先を決めて受け入れてもらえるかどうかの判断をするためですので、かなり正確な情報で細かく聞かれることも多いのです。

必要な情報を直ぐに緊急隊員に渡すことができれば、迅速に対応してもらえます。

セコム・マイドクタープラスは救急時の対応サービスシステム

セコムのマイドクタープラスは、一人暮らしのお年寄り(或いは老々介護のお宅)や持病のある方に役立つサービスとなります。

下記のサービス内容をまとめてみます。

救急連絡が必要になった

緊急時は専用端末のストラップを引っ張るだけで、セコムに繋がります。

スポンサードリンク 

状況を確認したセコムの方は、看護師と健康相談ができるようにしたり、救急車の出動を依頼したりします。
救急車の出動依頼を行った場合は、高齢者の救急情報を専用端末に送信して、救急隊員に情報の提示ができるようにします。
セコムマイドクタープラス

家族や友達に連絡したい

専用端末は、9件まで電話番号とメールアドレスを登録して、通話やメールができます。

端末は実は、auのmamorino3をベースとしたものをセコムの専用端末にしています。
auが子供向けに配慮したものなので、デジタル操作が苦手なお年寄りも楽に扱えます。画面もかなりシンプルで見やすいですね。
セコムマイドクタープラス

災害時の安否確認など

災害時に、伝言板や伝言板ダイヤルの利用、気象庁が発信する緊急地震速報や津波警報、国や地方公共団体が発信する災害・非難情報を受け取ることができます 。

利用料金

金額は全て税別記載しています。
駆けつけサービスは、1時間単位の金額で、時間が超過すれば加算されていきます。

  • 加入料金
    セコムホームセキュリティに加入の場合は、1,800円/月
    単独で申し込む場合は、5,000円と上記の月額利用料金
  • 現場急行料金(セコムの担当員が急行・対処する)
    救急時以外で自宅へ駆けつけは、5,000円(1時間まで)
    自宅以外への駆けつけは、10,000円(1時間まで)
  • 位置情報提供料金(家族が高齢者の居場所を探す)
    携帯電話・パソコンで調べる場合は100円/回(月2回までは無料)
    セコムのオペレーターに聞く場合は200円/回
  • 通話料金
    auのサービスエリアで利用可能で、16円/30秒

マイドクタープラスは申し込みを行ってから、2週間以内であれば返品が可能となっています。十分に機能を試してから、利用を決めても遅くはありません。
セコムマイドクタープラス

前もって知っておいた方が良いと思われる注意事項

① 携帯電話の電波を使用しているために、植え込み型心臓ペースメーカーや除細動器を装着されている方は使用できません。航空機内や病院など使用禁止された区域での使用もできません。

② 日本国内の利用を前提としているので外国では利用はできません。

③ 携帯電話の電場番号とメールアドレスは、あらかじめ登録した9件までしか利用できません。

詳細は、 セコムのホームページの一番上のメニューから『対応別サービス内容』を選び、ブルダウンで『高齢者見守りサービス』を押してもらうとあります。

別に緊急通報サービスもあり、ココセコムといって人気です。

ココセコムについて、こちらの記事で詳しく記載してみました。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

セコムの高齢者用緊急通報サービスのうちどれがいいの
お年寄りの安全を総合的に考えよう 位置情報が分かるgsp機能は、行方不明や迷子のお年寄りを探すために... 記事はこちら

シルバーカーで一人で歩く高齢者 高齢者専用の安否見守りサービスの一覧を利用しよう
民間業者、公共機関ともに探しやすいサイトがある 遠くで暮らす高齢者の見守りサービスは、増えました。... 記事はこちら

遠距離介護をサポートする高齢者の買い物支援について考えた
遠距離介護の場合は、食材以外に生活日用品の補充も 高齢者用の宅食や食材の宅配サービスを、行う業者が増... 記事はこちら

ローソンフレッシュでお買い物 コンビニ宅配は、高齢者の買い物代行に便利な要素が一杯
コンビニ宅配の利便性を、ローソンフレッシュで確かめた足腰が弱ったり、お金の計算が心もとなくなった親に... 記事はこちら

スマホ 見守りサービスの長所と課題と現状について
高齢者の状況に合わせて、利用サービスを決める 見守りサービスは、施設か自宅か、身体状況、徘徊の有無... 記事はこちら