広告 

ココセコムの機能と料金の紹介

位置検索サービスと駆けつけサービスがついているココセコムは、通常のgps機能付き携帯電話より便利です。

しかし、携帯電話を持ち慣れないお年寄りが、外出の際必ず携帯してくれるかどうかは、難しいところです。
例え、携帯することができたとしても、時と場所に応じて、ボタンを押すことができるかどうかも更に難しいところです。

お年寄りは所詮機械音痴で、ましてや道を忘れてしまうようなちょっぴり認知が入っている方は、せいぜいワンボタンが限度ですよ。
ココセコムのポスター

介護者の位置情報確認と、体調が急変した時の緊急通報サービスと、セコムの駆けつけサービスが主に使う用途となるでしょう。

以下に、ココセコムで提供されているサービスについて紹介します。

介護者がお年寄りの安否を確認する

ココセコムと契約すると、インターネットを介してセコムの契約者専用ページにアクセスできるようになります。
契約者専用ページのメニューを選択して、サービスを選ぶことができます。

位置情報検索サービス(居場所を地図で調べる)

介護者は、gps搭載のココセコムを持ったお年寄りが現在いる場所を、PCや携帯端末で調べることができます。

セコムの契約者専用ページにログインした後、地図を選択すると、お年寄りがいる場所に赤★印がついて表示されます。
目印となる駅、公共施設、公演、建物名が記載されていますので、探す手掛かりにできるのです。

位置情報検索サービスは、利用回数に応じて月額利用料金が異なってきます。所定の回数を超えて、パソコンから位置情報を検索した場合は、1回100円の超過料金がかかります。電話で位置情報を確認した場合は、1回200円の超過料金となります。

  • 10回利用 900円
  • 30回利用 1900円
  • 60回利用 2900円

ココセコムの機能が大幅に削られた簡易GPS端末 なら、月2回利用で500円というタイプもあります。

しらせてコール(安否確認)

介護者が、PCや携帯端末からお年寄りの状況を調べるサービスです。

お年寄りの状態が危ぶまれる時は、上記の契約者専用ページのメニューから、『しらせてコール』を選択します。

この時、ココセコムはバイブレーターやブザーで、お年寄りに信号を送り、本体のボタンを押すことで安否の確認ができるようになっています。

位置情報検索サービスは、追加料金の発生がありますが、『しらせてコール』の場合は、追加料金なして利用することができます。つまり、ボタン操作の可能はお年寄りは、極力こちらを使うと節約モードになります。

位置検索調査後、介護者がお年寄りの居場所まで移動が不可能だった場合には、セコムへ連絡することで、セコムの緊急対処員に急行してもらうことができます。
この場合は、1時間単位に追加料金が1万円づつ、発生します。
ココセコム

お年寄りからの救援信号の受信

お年寄りが、ココセコムを使って緊急時の救援信号をセコムのサーバーに送るサービスです。
緊急事態の信号を受けたセコムは、あらかじめ登録してある介護者の連絡先に、お年寄りの位置情報と共に知らせます。

スポンサードリンク 
通報システム

持病などにより病状が急変した、事故にあったり転倒した場合は、ココセコムのボタンを押すだけで、信号を送ることができます。

まずセコムは、連絡先に連絡を行います。
その後、連絡先の方から依頼があった場合と連絡先に連絡が取れなかった時、お年寄りのいる場所へ、セコムの緊急対処員が急行します。この場合発生する料金は、位置検索の時と同じ1万円/時間です。

みつめてコール

お年寄りが身の危険を感じた時、不審者などにあとをつけられた場合等は、ココセコムの側面にある電源ボタンを2回押すことで、セコムに救援信号を送ることができます。

セコムは一定時間の間コールを起こさせ、そのコールに対して所定の時間内に応答操作を確認します。もし無かった場合は、お年寄りの位置情報と共に連絡先に連絡を行います。

連絡先の人から依頼があった場合と、連絡先に連絡が取れなかった時、お年寄りのいる場所へ、セコムの緊急対処員が急行します。
この場合発生する料金は、位置検索の時と同じ1万円/時間です。
ココセコム本体

ココセコムを契約する時の注意点
契約時に必要な料金

契約時に必要な加入料金は5000円ですが、充電器は購入する必要があります。
充電器の種類は3種類です。

いつ外出するのか分からないお年寄りの場合は、値は張りますが『バッテリー充電器+予備バッテリー』にして、ココセコム本体にバッテリーを入れ替えればよいだけにしておくと、安心です。

    (価格は税別)

  • 標準充電器 2000円
    ココセコム本体ごと充電します。
  • バッテリー充電器+予備バッテリー 4400円+1500円
    予備バッテリを2個持つことで、ココセコムは常にお年寄りが所持したままになります。
  • シガーライターコード 4000円
    自動車で充電が可能
契約期間と解約金

ココセコム本体は、レンタルです。
契約期間は、最初は3年で、その後1年毎に自動更新されていきます。
契約期間中に解約する場合は、以下のとおりに解約金が発生します。
解約金=900円×1/3×当初契約期間の残存契約期間月数
ココセコム裏側

知っておいた方がよい注意点

緊急事態発生時の110番、119番は、セコムは行いません。

植込み型心臓ペースメーカーや除細動器を装着されている方は、ココセコム本体を持つことはできません。
また、 航空機や病院など使用禁止された場所では使用できません。

現場急行サービスでは、出来うる限りサービス対象者の発見に努めますが、発見を保証するものではありません。

セコムの責任によりお客様に損害が生じた場合は、100万を限度とする損害賠償を行います。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

高齢者の行方不明対策、公共の高齢者見守りサービスも利用して
複数の対策を施して、徘徊による事故を防ぐ 自分で何処へでも歩けるのに、記憶や判断が低下してしてしまっ... 記事はこちら

認知症の徘徊とは、子供の迷路遊びと似ている
狭い病院内で迷ってしまった 母が倒れて自宅へ戻った後、通っていた総合病院から、近くの病院へ転院しまし... 記事はこちら

認知症の徘徊対策は、GPS探知機もいいけど、布ボンドで解決したい!
高齢者のプライドを気付けないで安全を守る方法は 認知症の徘徊対策にGPS機器を持ってもらい、居場所を... 記事はこちら

NHKで放送した『終の住処はどこに老人漂流社会』の本が出版
迷子になりそのままホームレス生活を送る高齢者も 昨年1月(2013年)にNHKで放送した『終の住処は... 記事はこちら

住み慣れた近所で迷子になり、2時間後に帰宅
運動は認知症予防になると聞いて出かけたものの 3月も春の陽気になる事が時々あり、家にこもりがちったた... 記事はこちら