広告 

お年寄りがお茶を飲まないのは、楽しくないからよ

認知症を治す第一課題に水分摂取を上げられるほど、大切な水分量です。
でも、高齢者はなかなか思うように飲んでくれません。高齢になるとどうしても喉の渇きを自覚しにくくなるために、お茶を飲まなくちゃと言う行動が起きなくなるのです。
お茶ときゅうす

冬でも水分補給は大切です

夏は熱中症を新聞やTVで常に注意を促していますが、冬になると、そんなことはどこ吹く風となるようです。

冬とて水分補給は大切です。
入浴時に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、意識障害、転倒事故が起きるのは、水分不足のためです。
浴室

水分が少ないドロドロの血液によって、温度差が激しく変わる度に血管に衝撃を与えてしまいます。
サラサラであれば、血圧が上がったり下がったりしても、血管の負担は小さいのです。

高齢者の場合は、特に水分を溜めこんでおける筋肉量が少ないので、体の中にある水分量は少ないのです。
食事の量もわずしか食べないので、食事からとれる水分量も限られています。

若い人以上に意識して水分摂取しなければ、間に合わない理屈になります。

冬も脱水状態の原因があります。
暖房の効いた部屋はポッカポッカですが、一日中いるために皮膚の水分は完全に蒸発してしまいます。
暖房で喉がいがらっぽくなると訴えるけど、喉だけでなく全身から水分が抜けていると考えた方がいいですよね。

お茶を飲む習慣が無かったら、無理に飲めないよね

高齢者がお茶を飲みたがらない理由は、色々書かれていますけど、もともとお茶を楽しむ習慣が無い人なんだと思うのです。
つまり、お茶を飲む行為が詰まらないのです。

母は人からお茶を飲むようにすすめられる度に、『お茶菓子が無いとねぇ~』と子供のようなことも言います。
そして、よ~く観察してみるとお茶菓子だけ食べて、肝心のお茶を飲んでいない時もあります。

お年寄りは少なからず、食べ物の飲み込みが悪くなり、そうでない人のようにゴクゴクとお茶を飲むことは無理なのです。
サラサラのお水を飲むと言うことが、ストレスで無理して飲んでも全然楽しくなければ、そりゃ、飲まないよね。

スポンサードリンク 
ラクーナ飲むゼリーを注文してみた

前々から、このサイトで紹介していた『ラクーナ飲むゼリー3S』の種類が増えたと聞いて、トライアルを試してみることにしました。
初回限定で、ぐっとお得な価格ですよ。
ラクーナ飲むゼリー

ラクーナ飲むゼリーの特徴は、細胞や臓器の機能維持に不可欠な電解質も含まれていると言うことです。
この電解質が少なくなると、生命にも危険が及びます。

飲んでみるとほんのり甘くて、お菓子のゼリーと思えなくはないほど美味しいのに、ノンカロリーというのも嬉しいことです。
昨今の年寄りは贅沢だから、美味しいということも重要な要素だったりするんですよね。
ラクーナ飲むゼリー

ラクーナ飲むゼリー3Sのこと

ラクーナ飲むゼリー3Sトライアルは、下記の内容です。

  • 白ぶどう風味 3袋
  • もも風味 3袋
  • りんご 3袋

ラクーナ飲むゼリー

飲み方は簡単。蛇口をひねるように、蓋を回すとストローがでて来ます。
『ゼリーなので、お腹に力を入れて吸い込まなくては駄目かな?』と思いましたが、意外に楽に飲めました。

コップに開けて飲んでも良いのですが、高齢者の場合ストローの方が飲みやすそうです。
ゼリー飲み口ラクーナ飲むゼリー

ちょっと、見てください!
ゼリーをコップに開けたところ

p> 

口に入れてみると不思議な食感がして楽しかったのですが、実際開けてみると、こんな風にゼリーが金平糖くらいの塊になっているんです。
何とも言えない、ボコボコの食感が口の中に広がって、それが味覚を刺激して楽しく感じます。
どうして、こうなっているんでしょうね?わかりませんけど。

差し当たって、緊急性がなくても、高熱を出したり下痢したりして水分不足になった時のために、購入しておくと役立ちそうです。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

コップに水 『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』を読んだ
医師と思えないくらい、介護現場の肌感覚を知っている 竹内孝仁医師の『水をたくさん飲めば、ボケは寄り... 記事はこちら

油断してがち冬の脱水症状、高熱、便秘が現れたら経口補水液の利用を
暖房の部屋にこもりっきりの高齢者は、冬こそ水を飲むこと 認知症の徘徊原因として、多い要因のひとつに便... 記事はこちら

高齢者の水分摂取拒否にほとほと困っている方
なぜ水分摂取が嫌なのかを、ひも解いてみた 漢方では水毒などどいって、体内に水分が、たまり過ぎるために... 記事はこちら

水 高齢者が必要水分量を自覚するには、体内の水の働きを知ること
水分不足がボケを招き、発熱、最悪の事態に 今年の夏、母は2回発熱しボォーッとしていました。 無口... 記事はこちら

水を飲むおじいちゃん 高齢者の脱水症状が、脳梗塞や心筋梗塞を招く
何故飲まないのかあれこれと考察 体の中に水分を溜めこむ力が、年齢とともに弱くなっていきます。 高齢... 記事はこちら