広告 

特別養護老人施設は、運動機能が低下した人向け

手足や腰の痛みに悩まされた義母が、浴室で転倒後、入院中に要介護5となります。
介護老人保健施設 (老健)でリハビリを受けながらも、体調を崩し病院と行ったり来たりしているうちに、待機待ちしていた特別養護老人施設へ入居することができるようになりました。
施設へお見舞い

世の中に人は意外とクールだ

特別養護老人施設は、別名、介護老人福祉施設と呼ばれ、要介護3以上で一人での生活が困難な方が入居する施設です。
認知症の場合、ランクA,B,Cと認知度に応じて区分されて、介護支援が行われています。
認知症の対応が、ここ2~3年のうちに新たに加わったのです。

初めて訪問する特別養護老人施設(特養)に行ってみると、お見舞いに訪れる人もほとんどいなく、駐車場は私たち夫婦の車のみです。
当然、車椅子で庭を散歩している人影も見ません。

まぁ、私とて義母が倒れて約2年の間に、今回で2回目の訪問で誇れたものではありません。

老健と特養の違いは

本音のところは重度の認知症の場合、特別養護老人ホームでの受け入れは難しいようです。認知症に特化したグループホームへの入居が、やっぱり、障壁が少ないということになるのでしょう。
最終手段は、書きたくありませんが、精神病院であるということが、今だ現実なのですから。

老人保健施設(老健)では、いずれ自宅で日常生活が遅れるようにするための機能回復のためのケアが行われます。
理学療法士や作業療法士が在籍して指導が行われ、機能回復訓練を受け続けることが可能です。
体の障害も、特養の入居を考える人より軽度の方となります。

特養は終身入居

特別養護老人施設は機能を回復させる状態まで、至らない方の施設となっていて、老健のように積極的に、リハビリが行われるわけではありません。
一人ひとりの症状に応じた、回復に向けてのケアが、行われるわけではないのです。

スポンサードリンク 

老健は、入居周期も3カ月間と区切られて退所しなくてはなりません。(施設によって一概には言えませんけど。)
特養の場合は、終身入居が可能であることが、大きなメリットです。但し、住民票を移さなくてはなりません。

老健は入居期間が限定される

老健は長期間の入居は制限されますので、老健にこだわるなら工夫が必要です。
老健から別の老健へ梯子をするとか、一度自宅に戻って再び、戻るとかといった裏技もあるようです。
老健で、ショートステイを繰り返すという方法もあります。

認知症を患っている方なら、頻繁に施設を変えることは、かえって症状を悪化させてしまいます。

認知症対応

認知症がクローズアップされてくるに従って、施設ごとに対応が徐々に改善されていくという期待もあります。
実際、特養であっても看護師や理学療法士、作業療法士を在席させている所もあります。
しかし、今後増え続ける入居者への対応もあり、それほど大きく期待することはできないでしょう。(と私は思っているのです。)

現在の認知症と特養の相性は

義母は個室で入口を、常時開けています。
寝ていると、どんなに小さな声でしゃべっても隣の部屋の人の話し声が聞こえると言います。
広間には、TVが置いてあり常時番組が放送されているのに、それでも静寂でシーンと静まり返っているのが施設の中です。

時々、『気に入らないことがあるのか、大声で助けてくれー』って叫ぶ方がいるそうです。
小声でも気になるほどの静かな施設で、それはかなり目立ちますよ。
相当にですよ。

義母に聞いてみると、ディケアなどで行われているイベントはないそうです。
食事の時、近所の席の方と話をするくらいだと言っていました。

認知症と特養の相性って、悪いんじゃないかってことです。

レクレーションやイベントを重視するなら、民営のところかグループホームでしょうかね。
認知症の症状の応じたグループホームのような形態の施設を、どんどん増やして欲しいって強く願わざるをえません。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

小規模多機能型居宅介護が、介護負担を軽減する切り札になるか?
在宅介護者は、心の底から増えて欲しいと願う施設はコレよ 施設ではなく自宅で生涯を終えたい、でも、介護... 記事はこちら

高齢者の食事 特別養護老人ホームのメリットとデメリットを知ろう
特養の情報は、広く浸透はされていない 新聞や雑誌で良く耳にする、特養(正式名:特別養護老人ホーム)... 記事はこちら

介護施設 分かりにくい介護保険施設の種類と違いに、戸惑うことが多い
人員体制やサービス内容を見比べながら検討したい 母の通所リハビリ(デイサービス)は、介護老人保健施設... 記事はこちら

認知症にグループホームが適している訳
グループで助け合いながら生活をする施設は、いいよねグループホームとは、ヨーロッパが始まりの高齢者グル... 記事はこちら

サービス付き高齢者向け住宅は、重度の要介護者でも利用可能?!
サ高齢者住宅と介護付き老人ホームの比較をしてみた 介護付き有料老人ホームより、金銭面で負担が軽いサー... 記事はこちら