広告 

何事もほどほどにという事でしょうか?

私の中では認知症というと、どうも脳血管性のことが浮かぶために、高血圧、動脈硬化を引き起こすコレステロールの取り過ぎと直結してしまいます。
そのため、コレステロールの原因となる肉や卵等を控えるようにと、真っ先に頭に浮かびます。
まな板の上のステーキの食材

タンパク質不足は、筋力低下から要介護のリスクへ

もしかしたら、高齢者とタンパク質の関係を、日本中が誤解していたようです。

この傾向は世の中全体がそうだったようで、最近になってNHKをはじめ多くのメディアで、訂正の報道がされています。
高齢者のタンパク質不足が、多くの疾病を招き、問題視されるようになってきました。

年齢毎に控えるべき食べ物と、積極的に摂取するべき食べ物が異なることが、最近言われていることの一つです。
TVには線グラフが出され、メタボ予防の年代と、低栄養予防の年代を分けて説明しています。

60歳ぐらいまではメタボ予防で、動物性の肉などを控えます。それ以降は積極的にタンパク質摂取を、心がけた方が良いのです。

実際、痩せている方とやや体格ががっしりした方を比較すると、ガッシリ型の方が長生きするデータもあるとか。 本当かなぁ~。
私が以前聞いた時は、痩せている方が長生きするって聞いたような気がするんだけど・・・。

スポンサードリンク 
ポイントは、アルブミンとコレステロールにある

認知症に関しても、血中のアルブミンやコレステロール値が低い人は、その後認知機能が低下する場合が多いと言われています。
アルブミンは、肉などのタンパク質から体内で合成している物質です。
そのため、タンパク質を多く食べる人は、知的低下の可能性が低く、寿命も長いそうです。

アルブミンを増やすには

アルブミンを作るためには、充分なタンパク質(肉、魚、乳製品、卵など)を、食事に取り込むことと、アルブミンを合成する臓器、肝臓が健康であることが必要な条件です。
肝硬変などの肝臓の病気があると、アルブミンは低下することが予想されます。

コレステロールはとり過ぎても少なすぎてもいけない

コレステロールは、玉子、魚卵、肝、内臓ごと食べる魚等に多く含まれています。
ただ、沢山とり過ぎると、もう既にご存知のように、高コレステロール血症、動脈硬化経由で、脳卒中、狭心症、心筋梗塞の原因となります。
逆に少なすぎると、細胞膜や血管が弱くなり、脳出血をおこす原因ともなるそうです。

大切なタンパク質もとり過ぎるとトラブルになる

コレステロールも、タンパク質を多く含む食材に含まれています。
タンパク質を沢山食べればよいのかというと、コレステロールとの絡みで限度があります。

タンパク質は、体内で分解されてアミノ酸となるのですが、必要以上にアミノ酸が体内に溜まってしまうと、排出させなくてはなりません。
アミノ酸はアンモニアに変わり、アンモニアは尿素に変わっていきますが、これらの代謝処理を行う臓器は、肝臓と腎臓です。
タンパク質を必要以上にとり過ぎると、肝臓と腎臓に負担がかかるということになります。

何事も、過ぎたるは及ばざるがごとし。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

チョコレート 糖尿病にチョコレートが良いなんて夢のようね
チョコの栄養素が、糖尿病の合併症への不安を和らげる 栗原毅医師の『チョコは糖尿病によく効く、ヘモグ... 記事はこちら

高齢者配食サービスを利用して、ウェルニッケ脳症のリスクを回避
認知症を更に悪化させないためには食生活も大切 核家族化が進み一人暮らしのお年寄りが増えるに従って、心... 記事はこちら

家庭料理 高齢者の食事療法を助ける宅配食サービス
体の状態に配慮しているだけでなく、高齢者でも頼みやすい 高齢になると、内臓の働きも弱くなり腎臓が弱... 記事はこちら

無症候性脳梗塞、そのものが心配という訳ではない。
無症候性脳梗塞は生活習慣の予防の信号 今日のように、簡単に脳の断面画像が何枚も撮影ができるCTや磁気... 記事はこちら