広告 

外気の乾燥やエアコンのかけっぱなしが、嚥下を困難にする

冬になり外気が乾燥してくると、通常の人でも飲み込みが悪くなったり、喉がいがらっぽくなったりします。
高齢者なら尚更、喉のイガイガ感を、強く感じるのでしょうか?
暖房をつけっぱなしにする季節ですので、室内の換気と湿度には気を配りたいものです。

ただ、口の中が乾燥してドライマウスになり、嚥下障害(食べ物が飲み込みずらくなること)に繋がることもあります。
飲み込みが悪い等を何度も訴えるようでしたら、病院で診てもらうのが確実です。
施設で食事

冬の乾燥対策

それほどでもないなら、乾燥対策に気を配ってください。部屋の湿度を上げるために加湿器をつけたり、洗濯物を室内で干したり、湯上りの濡れたタオル干したり、お風呂の水を抜かないで浴室を開け離したままにしたりといったことで、部屋の湿度を上げることができます。

空気が乾いたままで、喉を痛めてしまうと、風邪ウィルスやノロウィルスにとりつかれてしまいます。
高齢者は風邪をひくと、容易に治らないので予防が、一番ですね。
外出後のうがいや手洗いも、冬は特に声をかけて促した方が良さそうです。

薬を飲みやすくするゼリー

実は、母もどうも最近喉がいがらぽくなると言うので、病院でも見てもらいました。乾いた痰が喉に張り付いているようで、痰の出やすい薬を頂きました。
注意事項としては、マスクをするようにとのことです。
さらに、嚥下補助ゼリーを購入してみました。

ただ、母の場合は、嚥下補助ゼリーをつけた薬とゼリーを口の中でより分けて、薬だけが飲み込めないとぼやきます。
もしかして、ゼリーだけ食べてる? ゼリーと薬をより分けられるほど、口の中の運動神経が良かったら、嚥下の心配なんてないんじゃないのぉ~と、思うわけです。

折角、嚥下補助ゼリーを購入したものの、無駄になってしまったようです。
母は良く人に感化されます。母の喉がいがらっぽいと言うのは、どうやらディサービスで食事中にむせている人や、TVの影響で、『自分がそうなったらどうしよう』と言う不安から、そんなことを言っているらしいことが判明しました。

スポンサードリンク 
私がゼリーを使って薬を飲む

折角ですので、嚥下補助ゼリーの体験報告をします。
実際、購入したのはこちら。
通常のドラックストアーで、358円で売っていた『おくすり飲めたね』です。
ぶどう味です。
服薬ゼリーおくすり飲めたね

母では的確な感想が得られなかったので、私がサプリメントを使って飲んでみることにします。
長さ1.5センチ、高さ0.5センチの大きめの錠剤を2錠と、長さ0.7センチ、高さ0.3センチを1錠を、お皿に入れてみました。
ゼリーはもっと使った方が良かったかもしれません。
服薬ゼリー おくすり飲めたね 服薬ゼリー おくすり飲めたね

スプーンにも入れてみます。
うぁーでかい錠剤だぁ~。
服薬ゼリーおくすり飲めたね

確かに飲みやすい

ゼリーを食べる感覚でと思いましたが、少し勇気がいります。
さすがに大粒のサプリメントだっただけに、喉への圧迫感はありましたが、するりと胃の中に入って行ってしまいました。
薬が入ったゼリーを食べるのに、抵抗が無くなればかなり楽です。

ゼリー自体は、お菓子ゼリーに比べるとゆるく、水に若干とろみをつけたゆるい感じです。
このゼリーなら、喉に詰まると言うことはなさそうです。
味は、子供用のものだけに、子供が好きそうな味に合わせてあります。

くれぐれも言っておきますが、ゼリーと薬をより分けられるような方は、嚥下補助ゼリーなんていらないんじゃないかって思います。
今日は、年寄りの言うことを真に受けて、あまり振り回されないようにというお話でした。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

嚥下障害 食べ物が飲み込みにくいを解消させるお口の体操
在宅でも行えそうなお口の体操で、QOL(生活の質)を守る 2012年厚生労働省の発表では、70歳... 記事はこちら

在宅介護者が高齢者に与える介護食の基準について
接食障害、嚥下(えんげ)障害者の食事ってどんなもの? 加齢により徐々に物が飲み込みずらくなった場合は... 記事はこちら

気管と食道 嚥下障害予防は、体操や口腔ケアを日常的に行うことが必要
食堂に入る食べ物と気管に入る酸素の振り分けがうまくいかない 神は何故人間の口だけ、二つも役目を作った... 記事はこちら

嚥下補助ゼリー 嚥下補助ゼリーで、服薬も水分補給もラクラク
ほどよいとろみが薬を飲みやすくする 先日テレビを見ていましたが、龍角散が子供の副薬用に、ゼリーのオブ... 記事はこちら

大根の煮物 嚥下困難も怖くない、毎日宅配ムース食のお惣菜はいかが?
高齢者向け宅配お弁当タイプ、ケア食の取扱業者 筋力や体力が落ちてくると、足元がおぼつかなくなりふらつ... 記事はこちら