広告 

起きぬけと長時間のめまいは専門医へ相談を

先日、母が家が揺れていると言ってめまいを起こし転倒しました。医者から、めまいには、周囲がまわる回転性のめまいと、自分自身が回っているめまいがあると言われました。 つえを持って震える高齢者

めまいのうち60~80%は脳が原因

めまいの原因や種類は多く、一概に言えませんが、高齢者に多いめまいの原因は、脳梗塞であるようです。

一般にめまいが起きるとメニエール病という内耳の病気を疑います。内耳にある三半規管は、体の平衡感覚をつかさどる働きをしているからです。ただ、耳鼻科で検査をして見ると、めまいのうち60~80%は脳が原因という結果があるのです。

メニエール病は有名になってきていますが、現実は、耳とは他の原因が半数以上占めているとなると聞き捨てなりません。

一方、脳疾患でめまいが起きた時は、立ちくらみのように体がくらくらするめまいと記載されているものが多いのですが、高齢者になると回転性めまいもあります。

周囲が揺れて動いて見える現象は、前庭神経系と言われている、耳から脳までの神経経路が痛んでいるためです。前庭神経系は、脳の中の血流の流れの末端にあり、血液の流れが弱くなるとすぐに影響を受ける場所です。 冬に手足が冷たくなるのと、同じことかな?と考えます。

スポンサードリンク 

一度起こした脳梗塞によって、血管が狭くなっていたり、血栓で詰まっていると血流が妨げられて、末端まで血液が生き届かなくなります。さらに、脳梗塞を起こしていない方でも、小さな隠れ脳梗塞や、低血圧などで血流が悪くなっていると、前庭神経系にまで血液がいきません。

めまいが起きる時間をチェック

高血圧ばかりを脳梗塞の原因としていますが、そうでないことに気が付きます。低血圧であっても血流が悪くなり、脳に酸素がいかない状態です。脳の酸欠状態は、脳梗塞の引き金を引きます。夜寝ている間に血圧が下がり、起きぬけにめまいが起きるのは、危険信号でもあるのです。

めまいの持続時間をチェック

脳梗塞への危険性への判断は、めまいの症状の持続時間です。5~10分程度で収まるなら、一時的に血流の流れが悪くなっただけです。一日中続くといった場合なら、脳の血流を妨げるような不調が起きていると考えます。専門医に相談を行ってください。

私の母の場合は病院で、水分補給をすすめられました。朝起きた時、入浴の前は必ず、できればカフェインの入っていないもの(水や麦茶)をすすめられましたよ。カフェインは利尿作用があるので、体内に水分が留まらないからのようです。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

見逃しがちな仮面高血圧に注意していますか?
毎日の生活習慣で予防する 学校や職場での健康診断では適正な血圧の値なのに、自宅で血圧を測るとどうも高... 記事はこちら

血圧を測る 高齢者のふらつき症状は、心臓の不整脈からきていることもある
単なる偶然?でも違う、ニトロールRカプセル 以前当サイトにも書きましたが、母の主治医を小児科の先生か... 記事はこちら

医師と話をする男性 市から特定検診の葉書きが届いた!
将来のリスク管理は、若いころからの予防 脳卒中で倒れる方は毎年約30万人で、死亡者は12万人です。 ... 記事はこちら

桑の葉 ノンカフェインの桑茶にはお年寄りが欲しい栄養素がたっぷり
桑茶の材料、桑の葉に良い働きが一杯 日本の絹産業に大きく貢献した桑の葉ですが、江戸時代は、健康食材と... 記事はこちら

糖尿病の合併症の中に、認知症も含まれる
健康診断の数値を利用して、生活習慣病を予防する 糖尿病は適切な治療をしないで放置しておくと、恐ろしい... 記事はこちら