慢性疲労症候群へのリスクを抱える、親を介護する世代人

うつ病と似ているけど違う

親が介な子供の年齢は、40代~60代といったところでしょうか?丁度、自分の子供も高校、大学と神経をとがらせる時期、職場では責任ある仕事を任され、精神的な疲労が重なる年齢でもあります。

専業主婦の方にしてもしかり、複雑な教育現場への不安もある子どもと、ピリピリした夫との生活に追われている時期です。 男性の後ろ姿

慢性疲労称号群とは

今年、4月頃に東京新聞で、ある日突然、倦怠感に襲われ疲労や微熱が続く「慢性疲労症候群(CFS)』のことが紹介されていました。

症状は身体的なことだけでなく、倦怠感や不眠、物忘れ、思考力、集中力の低下と言った精神障害、脳機能障害に関連した状態になると言います。日常生活も容易に行えなくなるなど、”慢性疲労症候群”といった、名前どおり緊迫した病気なのです。

診療科目も、内科と精神科にまたがっていて、『うつ病』と区別がつきにくいために、病院を渡り歩く患者も多いと聞きました。

原因は、ストレス、遺伝的要因による免疫低下、分泌異常、ウィルスと、これらのものが全てあわさって現れると言われています。慢性疲労症候群の原因は、はっきりしていないのです。

スポンサードリンク

原因がわからないと言いながらも、心身のストレスが重いと、脳に異変が現れることも分かってきています。ストレスを回避するために、充分な休養と休暇を取り、気分転換や思考の転換を行う努力をすることが大切です。

親の介護も必要な状態になることも考えられるので、介護にかかわる知識や対応方法などを、あらかじめ調べて知っておくことで、一人で負担を抱え込むリスクを減らすことができます。

対策

慢性疲労症候群の対策として、意識して対応して欲しい事は、下記のとおりです。

  1. 充分な睡眠
  2. 予防する食べ物
    カルシウムやマグネシウム不足が、筋肉の緊張状態を招きます。鉄分不足が、脳や血液の運搬能力を低下させます。これらのミネラルと、ミネラルを働かせるビタミンを充分に摂取します。
    毎日の食事で、必要量がとりこめないならサプリメントや健康食品を食べるようにするべきです。
  3. 精神的・身体的ストレスの緩和
    職場での人間関係、長時間残業、長時間パソコン作業による眼精疲労、肩こり、腰の痛みなどを和らげことで、改善がみられます。

多くの負担がかかる年代です。慢性疲労症候群で本人が病気になるリスクを回避することと、親の介護は、同じくらい真剣に考えなくてはならないのです。頑張れ!40代、50代!、60代!

スポンサードリンク