高齢者と家族の交流はありますか?母の日は花籠で訪問を

核家族化でも頻繁に会っている

「舞浜倶楽部」という介護施設を営んでいるグスタフ・ストランデス氏の講演で、記憶に残ったことがあります。グスタフ・ストランデス氏は、福祉国家と言われたスェーデン出身ですが、実はスウェーデンの高齢者は、一人暮らしの人が日本より多いことを話しました。母の日は花籠

スウェーデンの高齢者の一人暮らしについて

当時講義の時の資料は、既にありませんので、別の方の資料をお借りします。『スウェーデンの高齢者の自立した暮らしぶりを知る』という2009年に藤原さんと言う方が書いた資料の数値ではこうです。(ちと資料は古いですが、参考にはなります。)

  • 2世帯で同居率
    ○スウェーデン 4%(1988年)
    ◎日本 52%(1997年)
  • 一人暮らしの比率
    ○スウェーデン 39%
    ◎日本 29%(2005年)

スウェーデンは、核家族で暮らすことが、普通の国です。福祉国家でありながら意外とクールなのねと考えますが、実は家族とのあり方が異なってきています。
高齢者が家族と会う頻度は下記のとおりです。

  • 毎日会う
    ○スウェーデン 31.7%
    ◎日本 13.5%
  • 週1回
    ○スウェーデン 37.6%
    ◎日本 16.7%
  • 年数回
    ○スウェーデン 3.9%
    ◎日本 37.9%

高齢者が感じる孤独感を、国ごとの数値も記載しておきます。随分国によって違うことが解ります。自殺される方もいる日本の数値があると、かなり暗くなりそうです。

  • ギリシャ 36%
  • ポルトガル 23%
  • スウェーデン 6%
  • デンマーク 5%

高齢者は自立した生活を営みながら、近隣で子供が頻繁に行き来して見守っていると言うのが、どうやらスウェーデンの実情のようです。

スポンサードリンク

日本はかなりクール

さて、私の周りでは、日本は自分の親と合うのにお正月とお盆の時だけなんていう、不届きものばかりです。最近は、ネットで顔を見ながら話ができるSkypeなどができましたので、言い訳も少しはできますが、まだ、今の高齢者にコンピューターは無理ですよね。

そこで、母の日にぴったりのプレゼントをご紹介。実は、『母の日フェア』の抽選で当たっただけのものなのですが、最近のアレンジメントの花籠はすっごく綺麗です。

是非、

  • 施設に入ってしまったお母様の元へ。
  • 兄弟に預けて、『やれやれ』と胸をなでおろしている呑気な方も、
  • 『母親は一人暮らしで、荒れ放題の我が家』と悪口を言っているこ悪な方も、

母の日や父の日も是非、出向いてください

花籠を持って、母の日のお祝いをして下さい。

上記の花籠「フラワー・アラカルト」は、葉っぱや茎をほとんど見せることなく、最もおいしい花だけを水をすったスポンジにさして、好きな形に作ったものです。

プロのフラワーデザイナーの手によって、計算しつくされた美しさがありますので、それだけでも楽しみが増すというものです。

アレンジメントにすると、軽くコンパクトでありながら、何倍もの大きさの花束と同じぐらい花を、一瞬にして見ることができる良さがあります。手狭の施設でも、充分に華やかにしてくれますよ。

上から見ると、こんな感じ。アイスクリームのようですね。アレンジメント

バラは、ピンクと白のグラデーションになっているのが、この花籠の特徴です。アレンジメント

真後ろからみても、前面と変わらずカーネーションで埋め尽くされています。忘れていない、気にしているのサインと贈るだけでも、嬉しいものです。

こちらでも、 母親日のアレンジメントの紹介をしています。

スポンサードリンク