広告 

便利な検索端末で、高齢者を楽に探す方法

複数の人工衛星から発する電波を受信することで、自分の居場所を確認できます。このシステムを、衛星利用測位システム略してGPSと呼び、機能付きの商品が多くの場で使用されはじめています。

登山家、浮気調査、ランナーの走行距離の測定など、思わぬところにニーズが広がり、認知症の迷子対策のための開発も期待されてきました。夜間道に迷っているご老人

GPS機能+通信手段+専用アプリの3つの機能が必要

ただ、市町村でも独自に、徘徊システムを取り入れている所があり、悩んでいる方はお住まいの地域包括支援センターに問い合わせてみるとよいでしょう。

市場の物でGPS搭載の居場所検索を希望する場合、GPS搭載であれば良いと言う訳ではありません。GPS機能が搭載していても、通信手段がないと位置情報が送れません。送られてくる位置情報は電波ですので、電波をパソコンで解析して、迷子の高齢者の居場所を判別することになります。

今、市場に出ているGPS機能搭載腕時計のほとんどは、腕時計をつけている本人が居場所を確認するタイプです。位置情報を送る機能はありません。

徘徊対策にGPSを利用しようとしたら、見守る介護者に通信できる機能と、GPSの位置情報を地図に反映してくれる専用のアプリがないと駄目なのです。飛びついてガックリということがないように、注意してくださいね。

衛星利用測位システム(GPS)機能付きの商品の中で、高齢者の迷子対策用のものを紹介してみます。

富士通が開発した『次世代杖』

目的地を入力しておけば、杖の持ち手に発光ダイオード(LEDランプ)が内蔵していて、LEDランプが矢印が道を案内するナビゲーション機能付きです。家族がパソコンから、高齢者の居場所を確認したり、心拍数などの情報もチェックできます。

まだ、市場には出ていませんが、期待の商品となりそうです。

スポンサードリンク 
どこ・イルカmini

定額で、追加料金が発生しません。高齢者や子供に専用端末を身につけてもらい、手持ちの携帯電話やパソコンに専用のアプリケーションをダウンロードするだけで、位置検索が可能となります。

専用端末からは、緊急時用連絡用のボタンが付いていますし、家族からも専用端末にメールを送れます。

電磁パックと充電器の費用と、契約事務手数料が初回はかかりますが、月々1,450円で済むと言うのが魅力です。追加料金なし。

GPシューズ

以前、外国でGPS搭載の靴があるけど、日本ではまだと言う記事を紹介しましたが、さすが早いですね。あの記事を書いてから、1年もたっていないのにもう開発されています。

高齢者が履きやすいマジックテープ付きのシューズの足の甲の所に、GPSが装着されています。靴が痛んで捨てるときも、超小型GPSの通信ボックスを取り外して、新しい靴にとりつけることが可能です。

〖2016年10月27日加筆〗 複数の企業が開発していますので、ホームページなどで検討してみてください。

  • (株)チェリー・BMPが販売する GPシューズコスモス
  • ネクストシステムラボラトリーズ有限会社が販売する、みまもり支援GPS i-coco(アイココ)
  • やさしい手が販売する、いまどこちゃん
  • (株)トレイルが販売する、うららかGPSウォーク
ドコモ

子供用の防犯対策のためにドコモが始めたサービスですが、ドコモのGPS付きの携帯電話であれば、検索機能を子供用と同じように使用できます。 『イマドコ?かんたんサーチ』というアプリケーションを使用して、居場所検索を行います。

ココセコム

携帯電話より小型の装置で、ボタンひとつで緊急連絡が可能です。家族は、居場所がわかるだけでなく、警備会社の方が迷子の高齢者を探しだし、自宅まで連れてきてくれるというサービスがうれしい機能です。費用は、指定の回数以上のサービスを利用すると追加料金が発生しますが、上記のどこ・イルカminiなどと比較しても、サービスの違いこそあれ費用は変わりません。

ココセコムについて、こちらの記事で詳しく記載してみました。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

認知症徘徊対策は、GPS機能付きの探知機と迅速な対応体性が必要
行方不明のお年寄り探しは、かなり骨が折れる 記憶は元気な頃のまま塗りかえられることのない認知症、かつ... 記事はこちら

道に迷った高齢者 GPS携帯追跡機能を利用して、お年寄りの徘徊対策を
自覚症状のない迷子だから困ってしまう 認知症の最も困難なことは、本人に全くの自覚症状がない場合です。... 記事はこちら

NHKで放送した『終の住処はどこに老人漂流社会』の本が出版
迷子になりそのままホームレス生活を送る高齢者も 昨年1月(2013年)にNHKで放送した『終の住処は... 記事はこちら

認知症の徘徊とは、子供の迷路遊びと似ている
狭い病院内で迷ってしまった 母が倒れて自宅へ戻った後、通っていた総合病院から、近くの病院へ転院しまし... 記事はこちら

特定割引ココセコム ココセコムが月額500円で利用できるようになった
頻繁に徘徊するわけではないけど、安心して暮らしたい 徘徊癖のある高齢者がいる家族なら、GPSを利用し... 記事はこちら