広告 

医療用マスクや内装工事用の業務用マスクが便利

介護現場では進んできていて、排泄の仕方を忘れる前からケアをしてもらえます。
運動機能が不自由な方はいたしかたありませんが、認知症の方は排泄は訓練でなんとかなるようです。要介護者であっても、必ずしも介護者のおむつの交換が必要ではないのです。
おむつ交換

綺麗ごと抜きで、排泄ケアを笑顔で行うには

ディケアなどでリハビリを受けることで、自然と次第に排泄自己管理が出来るようになる方もおります。
こんなことを知ると、国の政策で介護だけは、心の底から『ありがたい』と思うのです。

実際、高齢者の方を前にしては言えないことですが、『おむつの交換の時の尿の臭いは辛い!』のです。
いえ、尿だけでなく排便も、入っていたら尚更の事だと思います。

高齢者の方は体調によって、尿の臭いも排便の臭いも異なってきますので、昨日はニコニコ(とも言えませんでしょうが)だったのが、今日は顔をシカメテなんてことになります。
便秘の状態が続くと、おむつの交換だけではないこともあります。

スポンサードリンク 

臭いを我慢して乱暴におむつを交換すると、怪我をしたり、高齢者を傷つけてしまいます。介護者がニコニコの状態でおむつ交換できることが、お互い幸せな状態となるのです。

介護現場やお医者様がマスクを着けていますが、常時、下の世話をしなくてはならない身内の方は、手もとの防臭マスクを置いておかれるといいでしょう。

『うちのおばあちゃんに限って大丈夫よ。』と言うお宅も、高熱が出たり、服薬を間違えると立ち上がることさえできない状況になります。
体調が崩れれば、おむつをあてざるを得ない場合もあるものです。
高齢者と同居している方は、必ず一家に一個は置いておくと、イザと言う時に助かります。

強力防臭マスク

防臭マスクがあれば、介護者が手が離せない用事があるときでも、他の方に変わりを頼みやすくなります。

私が紹介したい防臭マスクは、米国特許を取得した素材を使用しています。
この素材は、本来はマスク用に開発されたものではなく、おならの病気を持っている方用のバンツ用に開発されたものです。
なので、かなり強力な助っ人になりうるわけです。

その名も『防臭カフーンマスク』です。

鼻から頬にかけてはブリッジが入っているので、ピタッと密着して悪臭を入り込ませません。下は顎まで覆いますので、下から異臭が入ってくることも少なくなります。

他には、内装工事などで使われている業務用のマスクは、味方をしてくれます。
家庭ではつけにくいガスマスクから、ちょっと大げさなくらいの活性炭入りの防臭マスクなどもありますよ。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

慢性疲労症候群へのリスクを抱える、親を介護する世代人
うつ病と似ているけど違う 親が介な子供の年齢は、40代~60代といったところでしょうか? 丁度、自... 記事はこちら

自動排泄処理装置・スマイレット安寝が、介護保険でレンタル可能
オムツ型全自動洗浄トイレで、介護現場は楽になる 在宅介護で一番の恐怖は、寝たきりです。日頃、母の取り... 記事はこちら

乗用車に車椅子を載せる 認知症の方で人工透析等の持病ありの場合、家族の方の介護の負担は?
通院乗降介助を上手に利用 多くの高齢者は持病を持っているものです。認知症などで要介護度が高くなると、... 記事はこちら

認知症の親を介護施設に預ける状況になった時
親は子供の将来を案じるものです 先日、山本譲二さんのお母様の話を新聞で読み、他人事とは思えない気持ち... 記事はこちら

車椅子の男性 若年性認知症の夫を介護するケアノート『明日はわが身』を読んだ
実際ケアした方の実のある情報が得られる 若年性認知症の夫を介護するケアノート、南田佐智恵さんの『明日... 記事はこちら