介護保険の訪問介護・訪問看護のサービスって何があるの?

プロの手を借りて少しでも楽になりたい

ディケアとかディサービスで、高齢者が施設に通う介護サービスが、全ての高齢者に合うわけではありません。聞いた話によると、女性は集団で楽しむのが好きなのですが、男性の場合は人によって異なるようです。なぜか、母はディが気に入ってしまって、毎回行くのを楽しみにしています。これって、すっごく助かります。

外出が好きでなかったり、人見知りが激しい方も難しいのかもしれません。自宅での服薬補助

また、ディケアは、長時間起きて椅子に座っていなくてはなりません。これが、在宅で寝たり起きたりしているお年寄りには、負担がかかってしまいます。寝たきりのままで、体を起こしてたままいられない方も無理でしょう。

ディケアは、さまざまな役割を担うスタッフがそろっていますし、入浴施設やリハビリ施設などが充実していてリーズナブルな介護サービスです。本人が合わないと感じれば、ケアマネジャーに相談して変えられます。ちなみに、ディケアとディサービスは似ているのですが、リハビリなどが充実しているのがディケアと呼ばれています。

自宅にスタッフが訪れて、介護をしてくれるサービスは下記の通りで、各々ひとつひとつに手続きが必要になってきます。

  1. 訪問介護
  2. 訪問入浴介護
  3. 訪問看護
  4. 訪問リハビリテーション

訪問介護のサービス内容

ホームヘルパーによる、生活支援サービスです。その内容により下記の3つにわかれています。

スポンサードリンク
  1. 生活援助……家事や調理や非介護者の室内清掃等
  2. 身体介護……食事の介助や排泄支援
  3. 通院等乗降介助……通院や外出の際、自宅から目的地まで高齢者を送迎する介護で、「介護タクシー」とも呼ばれる。

訪問入浴介護サービス内容

担当のケアマネジャーより、専門の訪問入浴介護業者に依頼を行います。訪問入浴車から、室内に設置した浴槽にお湯を貼り、自室で入浴サービスが受けられるものです。入浴前と後に看護師による、体調チェックが行われます。入浴に必要なタオルや石けんなどは、業者側で用意してくれます。ベッドから浴槽に入れたりベッドへ戻したり、体を洗う、着衣などを、全てサービスに組み込んであります。

訪問看護

看護師による、医療的な体調管理のサービスです。訪問看護の場合、具体的なサービスは主治医の指示に基づいて行われ、下記のような資格を持つスタッフにより行われます。

  • 看護師
  • 保険士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語視覚士

具体的には、このようなケアが行われます。

  • 呼吸・体温・脈・血圧などのチェック
  • 感染予防のための清潔維持
  • 服薬の指導や管理
  • じょくそう(床ずれ)の予防や手当て
  • たんの吸引
  • 点滴・栄養チューブ・カテーテル・酸素吸入などの管理
  • 家族への介護・看護方法のアドバイスや相談
  • 環境整備についての相談
  • 家族の健康相談
  • 歩行訓練
  • 関節を動かす訓練
  • 嚥下機能の訓練

訪問リハビリテーション

介護保険、あるいは、医療保険でも利用が可能です。

主治医から訪問リハビリテーションに依頼をしてもらいます。3カ月に一度、訪問リハビリテーションの理学療法士などは、主治医の指示を受けます。リハビリテーションの実施計画書は、定期的に見直しが行われ、介護者の状況に合うものが提供されていきます。

具体的には、このような訓練が行われます。

  • 寝返りなどの体位交換
  • 起き上がりや座る訓練
  • 立ち上がり訓練
  • 歩行訓練
  • 嚥下訓練(えんげ:物を飲み込む)
  • 関節の変形拘縮(こうしゅく:筋肉の持続的な収縮)の改善
  • 排泄動作訓練

介護者は諦めないで、適切な介護方法を見つけてください。

スポンサードリンク