広告 

『家に帰りたい』とは、『昔の自分に戻りたい』の意味かも

『♪思い出は美しすぎて~』と言う八神純子の歌ではありませんが、年をとると嫌なことは忘れ、思いだすことはいつも楽しい事ばかりのようです。

但し時には、過去が作りかえられていたり、最近小耳の挟んだ人の話が、あたかも自らの過去の経験ような錯覚も起こさせることもあります。
過去の記憶が薄れていくなら、抜け落ちた記憶の代わりにはめ込むものは、時として偽物であっても真っ白いままにしておくよりは、いいのかもしれません。
GUM13_CL03076.jpg

人間だもの老いる不安から逃げたくもなる

夕暮れになって急に自宅に帰りたくなる『たそがれ症候群(夕暮れ症候群)』は、回避心理の表れではないかと思っています。

高齢者の取り巻く環境は変わり、自らが主人公で家事を取り仕切っていた家庭には、誰もいない、或いは、息子の嫁や娘が采配を振るっています。
『かつては、私がまとめていたのよ。』って言いたいのを心の隅に押しやり、いつの間にが忘れていた感情が、何かの拍子にあふれ出ます。

暮れには先頭切って大掃除をしたり、おせち料理を作ったり、お姑さんのお世話もバリバリとこなしていたかもしれません。
或いは一家の大黒柱として、家族を養っていることを自負していたかもしれません。

何かの拍子に。
認知症を発症させてしまった!

スポンサードリンク 

或いは、便秘だったり、胸がむかむかしていたり、何となくおながの調子が悪かったり、眠れない日々がつづいていたりといった状態。

身軽に動けた時の感覚は覚えているけど、今は気を付けて動かなくては転倒してしまいます。ゆっくりと手すりをつたわり、杖をついて、時には親族の手を借りなければ、行きたい場所にたどり着けない状況に変わってしまいました。

高齢者は、自らを取り巻く環境が変わってしまったことが受け入れられなくて、昔の自分に帰ると言うことなのでしょう。
帰宅願望とは、昔の自分に戻りたいのですよ。

たそがれ症候群対策は?

夕暮れは、主婦にとっては夕げの支度で忙しい時です。そして、一番生き生きする瞬間でもあります。
働くお父さんにとっても、ストレスの多い会社の拘束から解き放たれて、自らに戻る楽しい時間となります。夕暮れ時は、無意識に重い鎧を脱いで心を解放させる、時間なのですよね。

たそがれ症候群の解決方法はどうしたらいいのでしょう?
『美しすぎる思い出』を、高齢者から取り上げるのはしょせん無理なこと。

体の不調、精神的な変化、高齢者と周りを取り巻く人間関係の中で、できるだけ不愉快なものを取り去ること、『辛抱』なんて言葉は酷な年齢に来ているんですもの。

いつもいつも楽しい時間を過ごせる竜宮城のような施設があれば、『美しすぎる思い出』とすり替えることができるかもしれません。
実際、たそがれ症候群ばかり人を集めて、軽い体操やゲームをやって過ごすと、楽しい夕食の時間を迎え、スヤスヤと眠りについたと言う実例があると言います。

今の状態が苦痛と感じるなら、施設の利用して、思いっきり気分転換してもらうのが良い方法なのでしょう。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

家族で夕食を囲む 数多い症例から、夕暮れ症候群は精神的なものより食事に問題ありか?
夕暮れ症候群が、体の中に原因がある場合 夕暮れ近くになると、夕げを囲んで語らった楽しい記憶が戻るので... 記事はこちら