広告 

高齢者向け宅配お弁当タイプ、ケア食の取扱業者

筋力や体力が落ちてくると、足元がおぼつかなくなりふらつきがちになります。
ふらつくのは薬の副作用のせいと頭に浮かぶと、食事の時の咳も副作用のせいで、嚥下障害に繋がりのではと不安になりました。
大根の煮物

飲み込む力も衰えたら、無理をしないこと

筋力や体力が落ちてくるのと同じように、飲み込む機能も落ちてしまいます。
毎月、訪れるケアマネジャーに相談すると、『お年寄りはどうしても、そうなるのよねぇ~』という回答を得ます。
私が子供のころに流行ったテレビドラマ『寺内貫太郎一家』でおばあさん役を演じた、樹木希林さんが食事中にゲボゲボやっていたことを話し、『あれが、普通なのよ。』というのです。

飲み込む機能の衰えを回復させるために、 嚥下用の体操や口腔ケアなども、知られるようになっています。

飲み込みが大変だったら、柔らかいご飯やとろみをつけたお茶を飲むようにすることもできます。
のどに食べ物が詰まって、誤って気管に入れば肺炎の繋がってしまいます。
柔らかく加工されたケア食やムース食は、取扱業者が限られているので予め探しておくとよいでしょう。

3食、介護食を作るのは大変

お年寄り向けの宅配のお弁当は、塩分控えめ、カロリーも低カロリーで、バランスの良いものが多いのですが、高齢者の体の状態に合わせている訳ではありません。

嚥下低下が酷くなったり、糖尿病、腎臓病などの持病を持っている場合は、年齢を重ねる毎に普通の食事では体に負担が大きくなります。
介護者が調理する場合も、調理中に薄い味付けの時に別小皿によそったり、調理後にお湯をさしたりするのも、毎日となるとしんどいですね。

体に優しい、美味しい、食べやすい宅配業者がいいね

少し調べてみましたが、高齢者にお弁当を宅配する業者は沢山ありますが、飲み込みが苦手な方向けのムース食を、取り扱っている業者は意外と少ないです。

参考までに、3社あげておきます。

  • タイヘイファミリーセット
  • メディカルフードサービス
  • ミールタイム

いずれも、電話やインターネットから申し込みが可能となります。

タイヘイファミリーセット

冷凍した食材が届けられ、レンジで温めるだけで食べられる、夕食宅配業者です。
高齢者向けの食事は、『ソフト御膳』と名付けられていて、噛む力に合わせて2種類用意してあります。
『やわらか食』と『ムース食』です。

スポンサードリンク 

いずれも、1日分が2個を単位として、4日セットと6日セットから選べます。
日替わりですが、6日セットは4日セットに2日分追加したセットとなります。
価格は、4日セットが2,851円(税込み)、6日セットが3,997円(税込み)。

やわらか食は、肉も魚も見た目は普通の食事と変わらりませんが、かみやすく、柔らかくしています。素材の風味を生かしながら、スプーンで潰せる程度のやわらかさです。
野菜は柔らかく煮てから、食べやすく刻んでいます。

ムース食は、ユニバーサルデザインフードで区分3(舌でつぶせる)ケア食です。
主菜、副菜とも舌でつぶせるなめらかな形状になっています。

メディカルフードサービス

カロリー、塩分、タンパク質などの食事に、制限がある方向けの宅配サービス業者です。噛む力や、飲み込みが弱い方向けには、『MFSやわらか食』として提供しています。
種類は8種類ありますが、大きく分けて、取り寄せる数毎と、肉を中心としたコースと魚介を中心としたコースに分かれています。

種類ごとの価格は、以下のとおりで税抜き価格です。

  • お試しセット(6食)    4,250円
  • 週6食定期コース      4,250円
  • 週8食定期コース      5,460円
  • 週10食定期コース     6,670円
  • 週12食定期コース     7,880円
  • 週14食定期コース     9,090円
  • 肉コース週6食定期コース  4,550円
  • 魚介コース週6食定期コース 4,550円

大きな特徴は、酵素作用で食材を柔らかくする製造技術です。
しかも、広島県の特許を取得した凍結含浸法を使って、色どりや風味を生かした冷凍食材となっているようです。

やわらかさは、レンコンや牛蒡が、バナナでつぶせる程度となります。

ミールタイム

母が通う心療内科に、置いてある宅食サービスのパンフレットです。
他の宅食サービスとは異なり、日替わりでお任せメニューではなく、パンフレットの中のメニュー番号を指定して頼みます。

メニュー選びに迷う人や、体調管理のサポートが欲しい人は、栄養士に選んで定期的に届けてもらえるサービスがあります。糖尿病や高血圧の方向けのヘルシー食、タンパク質調整食などに分かれています。

噛む力に自信がない人や繊維質が苦手な方向けに、『ケア食』という名前で提供しています。
パンフレットを見る限りはメニュー自体が、7食ぐらいあるのみで、ちょっと少ないですね。

冷凍保存で届けられ、全てごはん付き、エネルギー500Kcal未満塩分2.0g未満となっています。

価格は、税抜きか否かは書かれておらず、498円~598円までで、5,250円以上の購入で送料無料となります。

いつまでも、食事の時間が待ち遠しくありたいものです。
そして、介護者も、ちょっぴり楽をして下さい。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

嚥下障害 食べ物が飲み込みにくいを解消させるお口の体操
在宅でも行えそうなお口の体操で、QOL(生活の質)を守る 2012年厚生労働省の発表では、70歳... 記事はこちら

認知症患者にとって怖い、嚥下障害についての覚悟は知っておくべき
脳梗塞後遺症症状で知られていないのは、嚥下障害 母が救急病院を退院する時、嚥下障害が残るかもしれない... 記事はこちら

気管と食道 嚥下障害予防は、体操や口腔ケアを日常的に行うことが必要
食堂に入る食べ物と気管に入る酸素の振り分けがうまくいかない 神は何故人間の口だけ、二つも役目を作った... 記事はこちら

高齢者で薬が飲めない時に使う、嚥下補助ゼリーを購入しました
外気の乾燥やエアコンのかけっぱなしが、嚥下を困難にする 冬になり外気が乾燥してくると、通常の人でも飲... 記事はこちら

嚥下補助ゼリー 嚥下補助ゼリーで、服薬も水分補給もラクラク
ほどよいとろみが薬を飲みやすくする 先日テレビを見ていましたが、龍角散が子供の副薬用に、ゼリーのオブ... 記事はこちら