広告 

近距離の高齢者に利用が増える時代に

先日、母が急に高熱が出たものの、なんとか歩けそうだったのでタクシーで病院へ行くことになりました。
病院から私の家はワンメーター。
こんな近距離では、嫌がるだろうなぁ~と、迎えに来てくれたタクシーの運転手に『安い客ですみません。』と低姿勢です。
介護タクシーの画像

 

近距離だと露骨に嫌がる

その後、母は動くとCRPが上がってしまうようで、大事をとって、病院通いはしばらくタクシーを使うことにしました。

バブルから遠ざかり景気が低迷して、当時ほどタクシーを利用する人がいなくなったとはいえ、やはり、近距離だと、タクシーの運転手が嫌がります。

メーターを上げることに熱心な運転手

大型トラックが余裕で通れそうな道路でも、反対側から車が来ると、Uターンして迂回しようしたりします。目的地に近ずくと止める場所に困った様子を見せて、どこに止めようかとあてもなく車を運転したりします。
やっぱりワンメーターは嫌なのかとため息が出てしまいそうです。

迷惑がかかりにくいのは地元に営業所のあるタクシー

タクシー業者もいくつか変更して出した結論は、地元に営業所があるところが最小限に迷惑をかけません。
営業所に戻ったり、出たり、休んでいたりの車が多いので、近くに対応できる車が多いからです。

お迎え依頼の電話をした時、はっきりと近所のタクシー業者を選ばれた方がとも、言われました。

幸い、近所に営業所があるタクシーは、高齢者向けに車椅子が丸ごと入るような車を持っています。
福祉タクシーでも、介護タクシーでもないけれど、一般のタクシー業者も高齢者向けにサービスの矛先を変えてきています。

大型セダンのトランク型とは違い、ハッチバックで後ろに車椅子をのせます。

スポンサードリンク 
露骨な無視に、気持ちがありありと

タクシー業者を決めて、使いはじめたある日のことです。
いつものように『安い客ですみません。』と低姿勢で誤ると、結構当たりが柔らかでとっても親切な運転手。ハッチバック型の車内は、かなり広く、母を支えて座席に座らせやすくなっています。
目的地では、わざわざ降りてくれてドアまで開けてくれました。

ちなみに、多くの介護タクシーは、車椅子に乗ったまま使うことができることと、乗り降りに介護をしてもらえるようで、結構値が張ります。
このタクシーは、車椅子毎と言う訳にはいきませんが、タクシーの椅子に座る事が可能であれば、車椅子の収納ができて安く利用ができるのです。

でも、次の機会に同じタクシー会社を利用した時、目的地を言ったらいきなり無視。
母をのせた後、母は具合が悪くて体を奥に移動させません。反対側のドアから乗ってもいいかどうか聞くと、『どうぞ』という答えを期待したけどやっぱり無視。
やむを得ず、母の座っている足の隙間から這うようにして、奥の座席に座ります。
『安い客ですみません。』のひと言がなかったからだわ、とちょっと反省しますが、結構露骨なんですね。

私が座った後、目的地がわからなったから返事をしなかったのだと、『駅前の●▽病院ですけど、御存じありませんか?』と繰り返しましたが、やはり沈黙。

地元のタクシーなのに、知るわけもないはずなのに、いったいどうしちゃったんだろうと、少しさみしい思いをします。

返事はしなかったものの、一方通行で、土地勘のない人には難しい道路事情を難なくこなし走り始めます。

高齢者は単価は安いけど、利用回数は多いはず

お年寄りの通院は、頻繁にあるので、どうしても病院は近所になります。
近距離だけど、利用回数は多く、一度迎えに来てくれるタクシー業者を決めたら、問題がなければ継続して利用します。
短縮ダイヤルに登録して、感じが良かったら買い物にも利用します。

病状が急変して、遠い大学病院へ行く可能性が高いのもお年寄りです。『いつも利用している親切なタクシーにお願いしようっと』ってなるはずです。

高齢者時代のタクシーのサービスは、親切丁寧な態度をとっても、あと後、損にはならないと考えるのですけど、どうでしょうかね。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

サッチャー元首相の認知症で、気づかされること。
激昂型の性格が災いしたのではという説もある 職場でも男性と肩を並べて働く女性が、いなかった時代に、1... 記事はこちら

パソコンを打つおじいちゃん 認知症になりやすい人を分類して、認知症は趣味がないという説
なんとかならないの!最近の認知症説について つくづく認知症になりたくないと考える言葉に、認知症趣味が... 記事はこちら

ペコロス 認知症の異例の話題作、『ペコロスの母に会いに行く』11月に公開
老いは切なくてほろ苦いものなのよ 本日は、最も旬の話題作について紹介します。 amazonで現在... 記事はこちら

施設でのレクレーション 認知症で日常生活の自立度を失なわせない、回復する手段を増やそう
沢山のBPSD解決手段を用いる 11月15日(日)NHKの認知症革命で放送された、『認知症になっても... 記事はこちら

辞書 順天堂大学・白澤卓二教授の六つの老化現象の記事がすばらしい!
山田養蜂場が、新聞の半面を使って老化についての対談を載せています。 山田養蜂場の山田英生さんと、順... 記事はこちら