広告 

アルミニウム鍋と認知症の関係

アルミニウムの認知症との関係は、厳密には未解明です。

しかし、厚生労働省が製薬会社に出した「医薬品を使う上での注意事項」の中で、アルミニウム含有製剤を、透析療法を受けている人には使用してはならないと記載してあります。
また、健康な人であっても、長期連用は控え、腎機能が弱っている人は医師と相談の上で使用をするようにという指示が出されています。

東京都神経科学総合研究所でも、アルミ化合物と人体に及ぼす危険性の因果関係は証明できないものの、たばことがんの関係のようにアルミも危険因子であり、アルミ鍋等は使わない方がよいと見解を出しています。
伊勢海老調理中の鍋

健康な人には影響はない

普通、鍋のアルミニウムが水に溶けて、人体に取り込まれたとしても、その大半は吸収されずに尿や便とともに排出されます。

ただ、腎臓機能が弱っている場合は、過剰に取り込むと処理能力に限界をきたし、筋肉や骨、脳へと蓄積されていくのです。

1972年に、腎不全透析患者の多くに認知症症状(正確には透析脳症といわれました。)が発症しました。これは、透析液に使用される水道水や薬剤中にアルミニウムが含まれていたためです。
これ以降、アルミニウムが脳神経へ与える毒性が懸念されるようになり、アルツハイマー型認知症を引き起こすものとして、世間に広まったのです。
アルミニウムが、神経毒性を示すことは、間違いないと言われています。

アルミニウム製のものは知っておくとよい

アルミニウムが体内に入り込む経路は、アルミ鍋だけに留まらず、海藻や魚介類、野菜や、食品添加物、飲料水や、アルミ缶などもそうです。
人間の体の中にも、数十ミリグラムのアルミニウムは存在しています。

スポンサードリンク 

神経質にアルミ鍋だけを敵視するのではなく、出来るだけアルミニウムの摂取しないようにしながら、上手に付き合っていく生活を試みるのが良いかと思います。
もちろん、アルミ鍋や、煮物に使う落としぶたもアルミ製のものなども注意してみてください。

デトックス効果のある食品を取り入れる

人間の体内に入った、アルミニウムや水銀などの有害金属を、体外に排出させる食品があります。
カレーに使われている香辛料には、下記のような効能があります。

  • ウコン ⇒ 抗がん作用
  • コリアンダー ⇒ 鉛、水銀、アルミニウムなどの重金属を除去し排出する効果
  • ハーブ ⇒ 抗酸化、消炎作用

コリアンダは、別名パクチーと呼ばれる香味野菜なのですが、コリアンダを沢山含んだルーが良さそうです。

また、必須ミネラルやビタミンA,C,Eと、硫黄を含んだアミノ酸(にんにくや玉葱に含まれる)は、有害物質を体外に排出させる働きをします。
特に、セレニウムや亜鉛は、水銀やヒ素に対して有効なことが分かっています。
腎機能に自信がなく、どうしても心配でしょうがないと言う方は、セレニウムや亜鉛などのサプリメントを飲むと言うのもひとつの方法となります。

アルミニウムなどの有害物質を溜め込みやすい体質

さらに、太り気味の方も有害物質を溜め込みやすい体質です。
ダイエットをすると、蓄積されている有害物質の量は減ります。
脂肪に有害物質が溜まりやすいからです。

脂肪を燃焼させるために、アミノ酸を摂取したり、運動や、遠赤外線温熱器などを使う方法があります。
高品質の遠赤外線温熱器は、脂肪燃焼だけでなくデトックス効果(毒素排出)もあり、「水銀、ヒ素、ダイオキシンなどに有効とされています。

有害物質を体内に取り込まない方法として、口呼吸もよくありません。
鼻で呼吸を心がけます。

毎日の小さな積み重ねが、大事を予防してくれます。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

アルミ鍋 『アルミ鍋を使用するとアルツハイマーになる』は死語か?
アルミ鍋とアルツハイマーのうわさの原因 1900年ごろ、メディアが一斉に『アルツハイマーの原因をアル... 記事はこちら

水道水にアルミニウムが入っている、アルツハイマーの予防法は?
必須ミネラルを過不足なく食べる まさか母を介護していて、環境問題にまで興味を持つとは思わなかったので... 記事はこちら