寒いと血圧は上がる冬の季節は、温度差に気をつけて生活を!

暖房と水分摂取で、冬の血圧管理を行う

夏は汗をかき、身体のナトリウム(塩)も減少し、温かいので血の巡りも良いために血圧が上がりません。絶好調、この調子だと高血圧の心配もないと、安堵していると徐々に、秋が来るとまた、上がりはじめます。母の場合、冬は血圧が高過ぎて、ディケアでお風呂サービスも控えなくてはならない日もありました。血圧を測定しているイラスト

朝と冬に血圧が上がるわけ

人間の血圧は季節を通じて一定ではありませんし、1日のうちでも違ってきます。身体を横にしている時は、それほど力を入れなくても血液を体内に回せたけど、目覚めの前に血液の循環をよくさせようとするために、朝血圧が高くなります。

寒くなると、体温を逃さないように毛細血管が収縮するので、血流が流れにくくなり、心臓ポンプがさらに勢いを増します。さらにトイレで力むと、心臓ポンプの動きに拍車をかけるために、血圧が上がります。

動脈硬化があったり高齢で血管が硬くなっていたら、力んだ拍子に血管に勢いのある血液が一気に流れて危険です。脳や心臓にも勢いよく流れた血液が、もろくなった血管の壁に圧力をかけて、脳出血やくも膜下出血といった恐ろしい病気となっていくのです。

高血圧の人が、朝やトイレで倒れやすいと言われるのは、人間の体のリズムや気温のせいなのですね。

特に女性の場合は、冷え性の方が多く、足や手といった末端に血液がいかなくなります。運動をして、第二の心臓と言われれている足を動かし、血流の流れを良くしておいてください。冷え性の方は、上半身だけに血液が流れるために、ますます血圧が上がってしまうようです。

冬のお風呂は要注意

こうした「寒さ」による血圧の上昇は、血圧が高い人ほど目立ち、通常の人なら夏と冬の血圧の差は20mmHg位ですが、高血圧の人はさらに広がります。浴室

急激な温度差に注意する

朝と寒い季節のトイレ以外に気をつけなくてはいけないのは、お風呂です。バスタブにつかり身体全体が温まった時の血圧は、血流が良いために低くなっています。

勢いをつけた心臓は次々に血液を送り込みますが、湯あがりに脱衣所が寒いと、体温を調節するために血管が、急速に収縮します。水が流れているホースを途中で踏んだ時のように、水の勢いは物凄いことになります。

まるで、包丁でニンニクを潰す時、勢いをつけると良くつぶれるように、早いスピードで、力が加わるのです。その負担は想像できますね。

高齢者の動脈は弾力が失われていますので、勢いのよい血流に耐えられずに、破裂する危険にさらされるのです。こうした「ヒートショック」は、家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1を占めると言われています。

寒い季節の血圧管理は、高齢者や高血圧の方は特に注意する必要があり、具体的な対策として上げられるのは下記のとおりです。

  • トイレ、洗面、浴室などの冬場冷え込む場所へは、暖かい服でいく
  • 高齢者・高血圧の方は、1番風呂を避ける
  • 入浴前に脱衣所を、セラミックヒーターなどの瞬間的に温まる暖房器具を使う
  • バスタブに入る前は、「かけ湯」の後、腰までいったん入って少したってから胸までつかる
  • 夜のトイレは上着を着ていくか、室内に設置したポータルトイレを使用。
  • 身体が温まる生姜湯などを飲む習慣をつけてもよい

特に脱衣所のセラミックヒーターは、使いはじめは臭いが気になりますが、10分位でポカポカになる優れた暖房器具です。小さくて軽く、しかも電気代も大したことはありません。

スポンサードリンク

我が家が使用しているのは既に時代遅れですが、楽天で探せば、人体感知で自動運転できる最新セラミックヒーターもあります。人体感知機能が付いていれば、人の動きを感知しなければ自動停止してくれるので、消し忘れをすることがありません。(トイレなどに良いですね。)

勿論連続運転モードで使うこともできます。型番で比較すれば、安いお店を探すことが可能です。形は、下記のようなものです。

入浴前と後には水を飲む

冬は高齢者の体内は、水分不足となります。この件の詳細は、( 油断してがち冬の脱水症状、高熱、便秘が現れたら経口補水液の利用を)に書きましたが、入浴前の1杯の水は、重要です。

水分不足の血管は、ざらざらして血液が固まりやすいものです。血管が急に収縮して、ドロドロした血液が衰えた血管に一気に流れるのと、水分でさらさらした血液が流れるのとでは、衝撃が異なってきます。水分を増やして血管を膨らませておくことで、血栓が詰まったり血管が破裂するのを防ぐことが可能になる説です。水差しとコップの水

入浴後も1杯の水を飲みます。

お風呂に入れば、体から水分が蒸発します。試しに入浴前後に体重を測ってみると、入浴後は減っていることが明らかです。減少した水分をそのままにしておくと、血液は粘性を増し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが増します。

お水を飲むと言うと、お茶やジュース、コーヒーやお酒を代替えにと、考える方も多いかもしれません。しかし、体内でいちばん吸収率が高いのは、味の付いていないタダの水です。

お茶やコーヒーは、カフェインが入っていて、利尿効果があります。飲んだ水より、水分を体外に排出させて逆効果になるのです。

ジュースはカロリーが高く、肥満につながります。お酒は、適量ならば良い働きをしますが、肝臓などに負担をかけておススメではありません。

タダの水に抵抗があるならば、カフェイン抜きの麦茶をと、医師にすすめられました。現在スーパーで売られている麦茶は、カフェインが入っていないものも冬でも置いてあります。カフェイン抜きの麦茶を選んで、飲むようにしてみてください。

他に、水を飲むと言うことは、体内の老廃物を積極的に流し巡りを良くしますし、便も柔らかくしてくれます。

スポンサードリンク