食生活の欧米化が、若年性脳梗塞を引き起こす時代に

脳梗塞の前兆に気づいて、惨事を防ぐ

高齢者の事ばかり書いていてふと、気がつくと、20代や30代でも脳梗塞を発症していることに気が付きました。通常45歳前に発症した場合、若年性脳梗塞と言います。

社会人として中核をなす年代であり、家庭でも一家の大黒柱であったり、家族を支える主婦だったりしている年代です。若年性脳梗塞を起こしても、社会復帰をして頑張っている記事を読みますが、苦労は大きいはずです。救急車を呼ぶ女性

若年性脳梗塞の原因

脳梗塞の20~30%が若年性脳梗塞が占めていると言います。若年性脳梗塞原因は、高血圧、糖尿病、高脂血症などの動脈硬化からおきるもの以外に、生まれ持った体質や、後天的な現象から起きる場合もあり、予防や対策が打ちにくいくなっています。

原因を簡単に上げてみます。

動脈硬化によるもの

若い人に起こる脳梗塞の原因20~30を占めます。肉が中心になった食生活や、外食に頼りがちな食生活は見直したいものです。

脳動脈解離

脳動脈の内膜に亀裂が生じて、血液が血管壁の中に入り込み、血管壁が裂けた状態になることを、脳動脈解離といい、若い人の脳卒中の原因となっています。

特に外傷もなく、事故や衝撃もないのに、脳動脈解離が起きることがあると言います。

脳動静脈奇形

脳の中で異常な動脈と静脈が、毛細血管を介さず直接つながっている状態の奇形で、若い人の脳出血の原因となることの多い病気です。

スポンサードリンク
心原性または動脈原性脳塞栓

心臓などから、血液の塊が剥がれて流れていき、脳の血管を詰まらせるものです。

もやもや病

2~10歳の子供やそれ以上の比較的若い人に起こります。起きた後の脳の血管が、網がもやもやとみられることから、もやもや病と言われています。

子供の場合、強く泣きじゃくったり、急に走ったり、ハーモニカを拭いた時、成人では脳出血から多くおきます。

血液凝固異常症

体内を流れる血液と、怪我をした時固まって止血を行う血液と、相反する性質をもち合わせています。この血液の固まりやすさのバランスが崩れて、固まり過ぎると脳梗塞を起こします。

妊娠の中期から産後6週間

妊娠の中期から産後6週間は、体に血栓ができやすい時期で、この時期に脳梗塞を起こしてしまう場合があります。

経口避妊薬

経口避妊薬、生理日を変えるホルモン、不妊症の薬の1部やある種の癌の治療薬は、若い人の脳梗塞の原因となる場合があります。

遺伝

動脈硬化を引き起こす生活習慣予防と同時に、親族に脳卒中(脳梗塞)の多い人、原因不明の脳卒中になった方は、要注意です。

脳梗塞は、ある日突然ぱたりと倒れるというイメージがあるかもしれませんが、多くの場合、前兆があると言われています。めまい、頭痛、連続した立ちくらみ、耳鳴りといった症状です。このような異変に気がついたら、脳神経外科、神経内科を訪れてください。

若いとどうしても、仕事の疲れやストレスのせいにしがちですが、早期に対応すればそれだけ、重い障害に生涯悩まされることはありません。

スポンサードリンク