広告 

認知症は生活習慣病なので予防はできる

テレビの良く出る女優さんの名前が出てこない、スーパーに出かけで何を買うのか思い出せないと、物忘れに気がつく年齢になってきました。『私ももしかしたら、よく言われている若年性アルツハイマーの兆候なのかも』と、不安になることがあります。

ただ、認知症の方と物忘れとの大きな違いは、認知症の方は、忘れていることに事態に気が付いていないけど、物忘れはそれをしっかり意識しているということです。 ハイキングをする女性

認知症を運動で予防できる理由

いずれにしても、若年性アルツハイマーにかかる方は増えていると聞きます。一度かかると、回復は難しいと言われていたアルツハイマーですが、最近の多くの機関で研究がなされています。1秒でも早く、解明されればいいですよね。

30代、40代の時に、週2回以上運動していた人は、そうでなかった人に比べて、高齢になった時にアルツハイマー型の認知症を発病する確率が半分以下になる実験結果が発表されました。その理由は下記の2つ。

βアミロイドを分解・除去される

アルツハイマーの原因は、加齢により脳の中にβアミロイドというタンパク質が蓄積されて、老人班と言う脳のシミをつくります。この脳のシミが災いを起こして、脳を委縮させることによりアルツハイマーを発症させるのです。運動をおこなうことにより、βアミロイドを分解する酵素が活性化することが分かりました。

脳内の記憶の司令塔と呼ばれる海馬に良い刺激

かつては、一度失われた脳の神経細胞は、新しく作られないと言われていました。でも、記憶や学習をつかさどる「海馬」の神経細胞の中には年をとっても、まだ分裂を続けている「神経幹細胞」という細胞があり、運動を継続的に行うことによって、この細胞が増えることが判明したのです。

認知症予防によい運動とは

認知症予防によい運動は、呼吸を続けながら体を動かウォーキング、水泳などの有酸素運動が有効です。脳の血行が良くなり、多くの酸素と栄養が脳に生き届くようにもなります。

運動する時間は、週1回まとめて長時間運動するよりも、30分位の短時間で毎日体を動かすことの方が効果があります。

スポンサードリンク 
認知症を日常生活から予防

趣味の分野では、星城大学(愛知県東海市)の竹田徳則(とくのり)教授の調査によると、男性は、庭いじりや家庭菜園などの園芸、寺社巡りなどの観光、楽器演奏などの音楽の順で認知症になりにくかったそうです。また、女性はグラウンドゴルフやウオーキングなどのスポーツ、園芸、観光の順でした。

脳は使えば使うほど発達すると言われていて、あまり脳を使わない人は認知症になりやすいというデータがでています。

日々の生活を意欲的に取り組み、絶えず新しいことを発見したいという意気込みが、脳を活性化させられるのです。たとえ、脳の機能が病気や老化で衰えてしまったとしても、脳を活性化させることで、生き残った脳細胞が機能を回復することを期待できる実験結果が出てきています。

さらに、机上での認知症対策のトレーニングとしては下記のようなことがあります。

  • その日の行動を思い出しながら日記をつける。(字を書くことは脳の老化を遅らせます)
  • 一桁の計算を、数多くやってみる。
既に認知症の方にも運動はよい

米国・ミネソタ州ロチェスターのメイヨー・クリニックの J. Eric Ahlskog博士らの検証結果によると、下記のようなことが分かっています。

既に認知症を発症した方であっても、6カ月から12カ月運動プログラムに参加した患者さんとそうでない患者さんを比較した、検証データでは、明らかに運動を行った患者さんの方が、症状の悪化は遅くなり、認知テストのスコアが高かったといいます。

同機関で、高齢者に1年間有酸素運動を継続させると、海馬が大きくなり、空間記憶が改善されました。

お年寄りに運動を継続させる工夫も

お年寄りはとかく体を動かすのがおっくうなものです。

ただ、認知症の方は感情が豊かで、ものを感じ取る感性が敏感になっていますので、楽しいという気持ちを引き立てて、運動したり、トレーニングを継続させるようするとよいかと思います。介護保険で受けられる、ディサービスを大いに利用するべきです。

運動は、アルツハイマー病に限らず、他の認知症にも有効

運動による認知症予防は、アルツハイマー病を対象とした発表ではありましたが、脳梗塞などが原因の血管性認知症の場合も、生活習慣病が大きな原因になっています。高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、日頃から体を動かして運動不足を解消しておくことが大切です。

 

スポンサードリンク 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
関連記事

廃用症候群が認知症の原因になる
回復期のリハビリの手間は、絶対惜しんではいけません 脳卒中や脳梗塞で倒れたり、転倒して足などを骨折し... 記事はこちら

歩く高齢者 認知症予防の体操に、インターバル速歩が良いと言われる訳
海馬の神経細胞を増やすイリシンの分泌を促す働き 以前、手を動かすと脳が鍛えられると記載しましたが、イ... 記事はこちら

編み物 手を動かすと脳が鍛えられる理由と脳に良い習慣
進化しながら手を動かすために脳が発達した その昔、人は猿から人間になる時、ライオンやトラといった肉食... 記事はこちら

老人性(高齢者)うつ病は、認知症へ進行します。
生活習慣と食事でうつを引き寄せないこと 高校生が時々口にする『やる気が無い』とか『かったるい』は、単... 記事はこちら

膝の痛みを抱えて階段を上る女性 変形性関節症は、運動能力の衰えをチェックして早期に対応
認知症って痛みを感じにくくなるみたい 母は、家の階段を手すりにつかまりながら上がっていましたが、ここ... 記事はこちら