物忘れ外来を受診

常識ある親を、脳神経××へ連れて行くのはかなりの重労働

インターネットで調べて、脳神経外科で『物忘れ外来』と書かれていた病院で、診察を受けることにしました。『認知症』も、普通に聞かれるようになりましたが、認知症の人を治療する病院がどこなのか分かりにくい現実に驚かされます。医師の質問に答える高齢者

ごまかしのきく、病院の看板を選ぶ

高齢者の場合、子供のように何も理解できないとは違い、初期の認知症の人は社会常識をまだまだ持った大人です。年のせいと思っていた物忘れを、子供に指摘されて、病院で診断するように言われたら気分を害するのは当たり前でしょう。

子供にしても、忙しいのに親のためにやっているのに、親には嫌われてしまうのです。物忘れ外来を受診させるのに苦労する子供は多く、そこに至るまでの手助けは誰もしてくれません。あの手この手で、話を持ってこようと思っても、『私は大丈夫なんだからと』親にきつく言わわれたまま、手をこまねいている方も多いと考えます。

物忘れ外来のある病院は、脳神経外科、精神科、脳神経内科、心療内科と、全く別世界で、できれば一生関わりたくないと、考えている病院であることには間違いありません。

私も母の神経を逆なでしないように、脳神経外科であっても『●▼クリニック』と看板に書かれている、ごまかしのきく病院を選びます。

診察を受ける

簡単なお医者様と母との受け答えの後、長谷川式認知症診断テストを行います。

長谷川式認知症診断テスト

長谷川式認知症診断テストは、認知症を調べるために古くから、多くの病院や施設で行われているテストです。自分の名前、年齢といったことや、今日の日にち、今どこにいるかと言った質問から始まります。

ただ、これだけでは判断はできないと考えます。思考を妨げている頭の組織が、5分や10分位のテストで分かるとは思えないからです。

スポンサードリンク

ゴールデンウィークの時の母のおかしな行動を話したかったのですが、他に患者さんが大勢いることと、詳細に患者の状況を聞き出す気もない医師に、諦めも加わりあまり喋れませんでした。『物忘れ外来』があると、インターネットであんなにはっきり書いておきながら、随分とさっぱりしているのだと思ったものです。

ただ、私自身もあれこれと、私生活を詮索されたくない気持ちも大きく、長谷川式の質疑応答だけでも、母が自尊心が傷つけたのではと気が気ではなかったのです。

認知症の診察は、デリケートなものなのだとしみじみ感じました。

余談ですが、長谷川式のテストで、私も高得点をとれる自信がありません。5分位前にみた3つの日用品を、雑談後に思い出すなんて、ちょっと無理かもしれません。

そう言えば、買い物をしなくなっていた

その後、新薬の話が出ましたが、やはり目に見えるような画期的な効果が期待できるわけではないと言っていました。『ふーん、じゃ早期に発見しても打つ手だてがないのなら同じなのではないかしら。』と、ちょっと意地悪な気分です。

ただ、テストの状況を見ていて、1点来てよかったと思ったことがあります。母は、引き算ができません。

母は、買い物をスーパーですることを、もう何年も行っていないことに気づきました。食材の宅配業者に頼んで、自宅まで持ってきてもらっています。そう、商店街まで遠くはない所に住んでいるのに、スーパーを使わないのは、そんな能力の衰えもなんとなく、意識していたためなのかもしれません。

その時、計算ができなくても、まとめ買いをすることで、電卓などを使用してなんとかなるからです。

お金の管理は、大丈夫なのかなと不安に重い、これからまた、母の自尊心を気遣いながら、お金のチェックをしなくてはならないことに気づくのです。

その後、MRIで頭の中を見られるようにメディカルスキャンセンターを予約して、母と二人で行くことにします。

スポンサードリンク